トップページ

2010年4月

2010年4月14日 (水)

なよなよ系うざかわ連作「なんで?」

誰だって死にたくないねでもこんなひとりぼっちで生きていけるの?

ぐずついた雲から雨が落ちてきた雨雲きみも泣きたかったの?

じゃらじゃらと小銭をはき出すお釣りボタン何かにきみもおびえているの?

なけなしの百円玉をのみ込んだ自販機きみもさみしかったの?

計算があわない余分な100円を盗むあなたも心がないの?

捨てられた100円アイスのはずれ棒きみにも帰るおうちがないの?

いらないと捨てられていくゴミだけがゴミ箱きみの宝物なの?

たくさんの人たちを捨て旅立ったぼくには何が宝物なの?

あんなひどいことをしたのにそれなのにどうしてぼくを待ってくれるの?

悲しいの? 悲しくないのに涙って出るの? ほんとにぼく泣いてるの?

宝物ならみんなからもらったよだから全然悲しくないよ

ぼくたちはいろんなものとつながっているから君はひとりじゃないよ

僕たちはいろんなものとつながっているから君はひとりではない

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

遅くまで

遅くまでお仕事おつかれさま 愛はちゃんと冷蔵庫で冷えてるよ (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

もし産んで

もし産んであげられたならそれらには子供の名前がつくはずでした (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

めちゃくちゃに

めちゃくちゃにもがいてるからあの人はおそらく溺れたてなのだろう (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

バストAカップめ

ギブアップしていいですか この恋にバストアップが必要ならば (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おっぱい4つめ

おっぱいがすべてじゃないがそれなりに重要だとは思いませんか? (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

暖炉・薪ストーブ短歌

ぬくぬくのふとんのなかにくるまって暖炉のようなふたりになろう (長瀬大)
http://metos.co.jp/products/kamin/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

短歌裏口入学「ちんちん短歌の作りかた」

こんにちは。ほんとうに元気ですか?
数年ぶりにつくった短歌が「ちんちん短歌」で誇らしい管理人です。

ところが、「枡野浩一のかんたん短歌blog」にて
3月28日からお題に追加された「ちんちん」を詠み込んだ作品は
2010年4月13日時点で管理人の4作品だけです。
みんなおっぱいのほうが好きなのか……?

今回の記事では趣向を変えて、「ちんちん短歌の作りかた」を考えてみます。
あくまでも管理人のやり方なので、参考になる部分だけ参考にしてください。

其の一:「ちんちん」のイメージを膨らませる

ちんちん短歌づくりの最初の工程は「ちんちんのイメージを膨らませる」ことです。
膨らませるのは「イメージ」であって「ちんちん自体」じゃないですよ!

あなたは「ちんちん」についてどんなイメージを持っていますか?
ここで重要なのは、常識や既成概念や嫌悪感にとらわれて思考停止しないことです。
自由にイメージを膨らませましょう。

イメージを膨らませるコツはいろんな切り口を試すことです。
「形状」「ことばの響き」「使われる場面」「想起する人物」……などなど。

あれ? まだ良いイメージが膨らみませんか?
そんな場合は、「ちんちん」という単語をビルドアップしましょう。
ビルドアップするのは「単語」であって「ちんちん自体」じゃないですからね!

ここで「ビルドアップ」と言っているのは、
形容詞や名詞などを「ちんちん」につなげて別の単語にする、という意味です。

たとえば、
    お + ちんちん = おちんちん
    かわいい + ちんちん = かわいいちんちん
    ちんちん + 師範代 = ちんちん師範代
    俺の + ちんちん + 東京スカイツリー = 妄想乙
という感じです。

単語をビルドアップすることで、また別のイメージが膨らむのではないでしょうか。

ちなみに管理人がたどり着いたイメージは次の3つです。

a. 大人はあまり口にしない言葉。
b. 子供が大好きな「必笑ワード」。
c. どことなくかわいらしいイメージ。

其の二:イメージを活かしてストーリーをつくる

ちんちん短歌づくりの第二工程は、
前行程の生産物であるイメージを活かしてストーリーをつくることです。

ストーリーづくりの前提となるのは「魅力的なストーリー」にするという意識です。
ストーリーが魅力的でないと、どれだけ言葉をいじっても魅力的な短歌にはなりません。
当たり前のことを言っているようですが、なかなかできないことです。
ある程度短歌を作りなれた人は「手癖」でそれなりにまとまってしまうので特に注意が必要ですよ!

また、ストーリーを作るときには「伝えたいことの焦点」を定めましょう。
なにを伝えたいのかよくわからないふわふわしたストーリーでは人の心を射抜けません。
これが「焦点→昇天の法則」です。これテストに出ます。

管理人は、前工程の3つのイメージを次のようなストーリーにしました。

【ストーリー1】
大人があまり使わない言葉だからこそ大人に言わせよう。
どうせだったらもっとも使わないようなフォーマルな場面(ビジネスシーンなど)設定にしよう。
へりくだった表現と組み合わせることでギャップが生まれ言葉のインパクトが高まるはずだ。
→偉い人のくだらないお説教にキレたサラリーマンが強烈な皮肉を言っているというストーリー

【ストーリー2】
小学生のころは「ちんちん」って言うだけで笑えたなあ。男の子って馬鹿だなー。
男の子は馬鹿だから、「ちんちん」って言えばいつでも笑ってもらえると思ってるよな。
好きな女の子の気を引くために「ちんちん」って言っている男の子って馬鹿かわいいな。
女の子はかしこいから、そんなこでは笑わないだろうけど、男の子の気持ちが伝わるとステキ。
→泣いている女の子をなぐさめようとして「ちんちん」を連呼する男の子。
女の子はぜんぜん笑えないんだけど、なぐさめてくれていることが嬉しくて感謝するというストーリー

ストーリーのなかに、前工程のイメージがまぶされているのがわかるでしょうか?
イメージを膨らませるときには自由に発想することが大事だと前工程で書きましたが、
イメージを収束させるときには、
「次工程のストーリーづくりで使えるか?」ということ頭の片隅に置いておくと良いと思います。

其の三:ストーリーを31音に結晶化させる

ちんちん短歌づくりの最終工程は、
前工程で作成したストーリーを、短歌の形式である五七五七七の31音に結晶化させることです。
結晶化させるのは短歌であって「ちんちん自体」じゃないだから! 何度も言わせないでよね! バカ!

この工程が短歌特有の工程です。
短歌づくりの経験によって巧拙の差が出やすい工程といえます。

しかし!

作品の良し悪しは実は前工程のストーリーづくりで決まっています。
「人は見た目が9割」だそうですが「短歌はストーリーが9割」です。
これもテストに出ますよ。

第三工程は言ってみれば「原石を磨いてカッティングする工程」です。
石ころをどれだけきれいにカッティングしても婚約指輪には使えない。
まあそういうことです。

あ、念のために補足しておきますが、第三工程も決定的に重要な工程です。
どんな原石も、磨いてカッティングするまでは、やっぱりただの石ころですからね。

この工程については、いろいろな歌人がいろいろなやり方を提唱しているので、
ここでの管理人のやり方は割愛しますが、
「伝えたいことがきちんと伝わるように、適切な言葉と表現を工夫する」というのが基本的な姿勢だと思います。

また、ストーリーづくりの注意点になりますが、
最終的に31音に結晶化できるように「物語要素を盛り込みすぎない」ということも大事です。

■ちんちん短歌の完成!

さて、最終工程を経てできあがったのが次のちんちん短歌です。

すばらしいご意見ですがちんちんをかきむしってもよろしいですか (長瀬大)

「こんなこと言われたらムカツク……。でも言う側は爽快」という作品になっていれば成功です。
ただし、「すばらしいご意見ですが」は枡野浩一さんの作品に酷似した出だしがあります。

要修正ですね。

なぐさめのつもりなのかな「ちんちん」ってふざけて言ってくれてありがと (長瀬大)

いい作品だ……。
意図したストーリーをうまく表現できたと思います。
女の子の視点にしたことが成功のポイントですね。

ちんちんを見せればわらうと思ってる? でもなぐさめてくれてありがと (長瀬大)

ちんちん見せたのはやり過ぎだったな……。
全然ありがたくない。

■最後に

これで「ちんちん短歌の作りかた」は終了です。
管理人が教えられることはすべて出しつくしました。もう一滴も残ってません。

でも精巣をふりしぼって最後にひとつだけ。

工程どおりに進めればうまくいく、みたいな書き方をしましたが、
実際には、そんなに順序良く作品ができるなんてことはありません。

工程間を行きつ戻りつ、
時にはコースアウトして、
どうにかたどり着いたゴールは予定とはほど遠かった、
なんてことのほうが多いくらいです。

それでもあきらめないで前に進んでいけば、昨日よりはマシな今日にたどりつける。
それが短歌の良いところです。
だから最後まであきらめないでください。

素敵な「ちんちん短歌」略して「短ちん」転じて「粗ちん」がたくさん生まれることを心から祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年4月13日 (火)

ほのぼの系なにさま連作「熊野」

僕以外みんななんだかかわいそう幸せになれ撫ぜてあげるよ

だいじょうぶ君は間違ってはないよすごくいい子だ撫ぜてあげるよ

撫ぜるのは僕の役目さ 僕はパパみんなは迷える撫ぜられ羊

おいそこの貴様こっちにちょっと来い僕が頭を撫ぜてあげるよ

撫ぜている撫ぜているんだ舐めてない舐めてないけど手がべたべただ

撫ぜている僕はさしずめ熊野撫ぜ 撫ぜられ羊はなぞなぞを出す

何故撫ぜてあげないのかな撫で撫でと撫ぜてあげれば風も笑うよ

殴られて不機嫌になる撫ぜられてご機嫌になる何故だ不思議だ

もう撫ぜてなんてられない もう何故と思わずにはいられないんだ

「ねえ熊野。答えてごらん、春風が花を散らせて自由なわけを」

舐めながらつぼの中身を混ぜながら夜風に吹かれながら 何故かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

祈る手を

祈る手をといて愛する人と手を僕はつないでいたいと思う (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お願いを

お願いをされても困るそこんとこどうぞよろしくお願いします (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お祈りは

お祈りはちゃんと済ませた? では君に悲しいニュースをお知らせします (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

街じゅうが

街じゅうが夕焼け 僕は何人の頭の中で死んだのだろう (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おそろしい

おそろしい誓いをたてた朝でさえわたしがわたしであるということ (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

泣いたって

泣いたって泣かなくたってこんなのはおんなじように悲しいだけだ (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

高い丘

高い丘のぼって街を見下ろせばお前らみんな風景なのに (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

さようなら

さようなら まだ親指はわけもなく君の名前を打ちこめるけど (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

何故彼は

何故彼は浜辺で鍋を舐めている舐めさせている鍋も鍋だが (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

スカートは

スカートはミニでも平気なの だけどなにかが出ちゃう男の子だもん (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

まあわりと

まあわりと絶望 雨は降ったって降らなくたってどっちでもいい (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

わがままを

わがままをかなえてあげる ドラえもんレベルとまではいかないけれど (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

朝がまた

朝がまたあしたもやってくる限りこの「さよなら」は「またね」って意味 (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

つらい恋

つらい恋してるの? なんで男前豆腐をにぎりつぶしていたの? (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

自由って

自由って言葉がすでに不自由でパンクロックが鳴り響かない (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ご意見も

ご意見も拝聴したしスパゲティーアラビアータをぶちまけますか (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

天気予報

天気予報みあげた空の明日のほう ひとりやふたりで歩いていこう (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

腹へった

腹へった背中がかゆい眠りたい星がきれいだ だから泣くなよ (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ぼくたちは

ぼくたちは裸でねむるこれ以上なにも失わずにすむように (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年4月12日 (月)

「日々経る短歌(日経ウーマンオンライン)」の感想

今日になって日経ウーマンオンラインでほぼ毎日更新中の
「日々経る短歌」の存在に気がつきました。

厳選されているだけにステキな短歌ばかりです!

ということで、そのなかでも特にお気に入りの作品の感想を書いてみます。

ちなみに「日々経る短歌」のURLは以下のとおりです。
枡野浩一さんのコメントもステキなので、ぜひご覧ください。
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090902/103958/

■感想

ため息が涙になって夢になりよだれになって朝になります (伊勢谷小枝子)

一読して吹きました。麦茶返せ!←飲んでない
ちょっと神話っぽくもありますよね。
なんか人間ってたくましいよなー。
つらい夜に口ずさみたい短歌です。
あと伊勢谷小枝子さんはとりあえずよだれ拭いてください。

恋なんてわからないけどおにぎりは誰かに作ってもらうと旨い (仁尾智)

「日々経る短歌」では上の句と呼ばれる前半部分だけがリストに表示されています。
この作品の場合は「恋なんてわからないけどおにぎりは」の部分が該当。
その時点でめっちゃ期待が高まりましたが、
期待を裏切らない見事な着地を決めてくれたと思います! 拍手!


旅客機ははるか上空 見上げれば少しは我慢できる涙だ (丸山太一)

「少しは我慢できる」ということは「ほとんど我慢できない」んですね……。
丸山太一さんは泣き虫だなあ。
そんな泣き虫短歌ですが、情景やドラマがぱっと目に浮かぶ作品だと思います。
泣き虫のわりには、そんなに湿っぽくないのも良いですね。
作品を突き放すことができている証拠ですね。泣き虫なのに。やるな。

てっぺんが禿げてる人は比較的タケコプターの装着が楽 (トヨタエリ)

これも吹きました。鉄骨飲料かえせ!←飲んでない、あと、今のCMきらい
身も蓋もないっていうか、フォローになってないっていうか、
そもそもタケコプターなんて実在しないのにそんなこと言われても……。
トヨタエリさん。どうした。禿げてる人にいじめられたのか。
枡野浩一さんのコメントでは改作案も示されていたけど、個人的にはオリジナルが好き。
この標語風の淡々とした感じがおかしいです。

正しくはないけどたぶん間違ってないからここにいていいですか (根岸絹)

なんか報われない恋って感じがします。
そのことを冷静に理解しているのがまた切ないですね。
根岸絹さんがトヨタエリさんの図々しさを持ち合わせていますように……。
作品はほとんど完璧にまとまっていると思います。

もういっそ「1番じゃなきゃ意味がない」って誰かはっきり言ってください (古内よう子)

古内よう子さん、よく言った!
俺も常々オンリワーンよりナンバーワンだと思っています!
日経ウーマンオンラインの読者層にも刺さりそうな内容ですよね。

できるだけ急いで俺にバファリンのやさしさじゃない半分をくれ (吉准吉)

偉そうにくだらないことを言っているのがウケました。
「バファリンのやさしさじゃない半分をくれ」は名フレーズ。
このフレーズが降りてきたときの吉准吉さんの浮かれっぷりが目に浮かびます。

「一番じゃなくても君は特別」の特別なんて一番じゃない (古川亜希)

確かに。古内よう子さんの歌と通じる内容ですね。
でも冷静に考えるとかなり困ったちゃん発言だな。
「一番じゃなくても」って最初に言ってるじゃんか!
それを「一番じゃない」って……そんなのわかってるよ!
まあ「特別」なんて言葉にはだまされねえぞってことですね。
これも作品としてきれいにまとまっていると思いました。

そういえば別れたんだと思うほど私の朝は寝惚けていない (遠藤しな)

クール。しびれました。
ドラマを演出するために人はついつい嘘をついてしまいがち。
特に短歌とかはそうですよね。
安易なフィクションに走りそうになったら
遠藤しなさんに冷たい目で「寝惚けてんじゃねーよ」と罵られる情景を思い浮かべることにします。

一番になって初めて気がついた 二番がいると幸せじゃない (薮本あや)

なるほど!
古内よう子さんと古川亜希さん聞きました?
一番だからってそんな幸せじゃないみたいですよ!
目からウロコを落としてくれるような会心の作品ですね。
この短歌はすぐにでも暗唱できると思います。
言葉の結晶度が高い証拠ですね。

夢よりも大事なことがあるだろう 沸騰したら麺入れるとか (丹生谷歩美)

すっごく・・・説得的です・・・。
そうだよな。お湯が沸騰してるのに麺入れないで夢見てる場合じゃないよな。
いや、なんか騙されている気がするけど……。
感傷でベチョベチョになりがちな短歌という形式で、
これだけ地に足の着いた、それでいてあたたかみのある作品が作れるのはすごい。
これも暗唱できる作品です。どっかで使おう。

試さずにダメだとわかってしまうほどお前は恋の天才なのか? (葉苗あつこ)

恋に臆病になっているココロを勇気づける良い作品ですね!
文章として不自然なところもない完璧な作品だと思います。
恋愛相談されたときに、ぜひ使おう。

明けたってめでたくなんかないけれどメールを送る理由にはなる (貴志えり)

いじらしい……。
あけおめメールは送りやすいぶん、無視されやすいのが問題ですね。
貴志えりさんにとって良い一年になりますように。

こうやって星が見られるから首が曲がることってすばらしいなあ (岡本雅哉)

岡本雅哉さんはバカだなあ……。
いつまでも岡本雅哉さんがそのまんまでありますように……。

どうしても端がくるりとなるチラシなにが不満か言ってごらんよ (野比益多)

こういうやさしい短歌って大好きです。
身近な人にやさしくするのも難しいというのに、
やさしくする対象が「紙」ですよ? 「チラシ」ですよ?
野比益多さんの底抜けのやさしさにノックアウトされそうです。
でも、すこしだけ、心配です。

真っ直ぐに歩けないからいつかまた君の道とも重なるのかな (都季)

今回取り上げた短歌のなかで一番好きな作品です。
いやあ。どんだけポジティブなんだ。都季さんは。
さみしさと強さとちょっとした希望が同居するやさしい手触りの名作だと思います。
なんでこの作品を作ったのが俺じゃないんだろ……。
俺が作ったことになりませんかね?
くやしいなー。

今回取り上げた歌すべてに言えることですが、
よく推敲されていて、言葉の結晶度が高いです。
それだけじゃなくて、「笑える」とか「気づきがある」とか「ぐっとくる」とか
読者の心を引っ掛けるフックがあるのが特徴ですね。

こういうのを読むと俺も頑張ろうって思います。
負けないような作品つくるぞー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

自由題その4

負けつづけでもかまわない逃げないで戦ったってことなんだから (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

自由題その3

あてどなく祈ってみたよ よかったらみなさんお役だててください (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

自由題その2

解決はできないけれどそばにいて一緒にこまることができるよ (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

自由題その1

寄りかかるあなたを起こさないように乗り過ごしてくことがうれしい (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今ごろブログ開設のごあいさつ

土曜日の深夜にふと思いたって4-5年ぶりに短歌をつくりました。
短歌を読んだのも4-5年ぶり。
それだけ離れていると、知らない人の歌ばかりで、新鮮でした。

ふとした時にそばにいてくれる短歌はやっぱり良いもんですね。

気まぐれな更新になると思いますが、のんびりやっていこうと思います。

他の人の作品の感想も積極的に書いていくつもりです。
かんたん短歌blogという場を盛り上げる一助になれたら良いですね。

で、でも別に運営方針に悩んでいる枡野さんとか、
感想乞食のあんたたちのためなんかじゃないんだからね!

それではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年4月11日 (日)

さくらひとひらめ

舞いおちるさくらの花にぺらぺらの自分を重ねているんじゃねーよ (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

チェリー2粒目

気のぬけたチェリーコークを飲みほしてそろそろ前に進まなくっちゃ (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ツンデレ&チェリーコラボ1回目(投稿対象外)

さくらんぼみたいねあんた あっ、これはチェリーボーイって意味なんだからね! (長瀬大)

わるふざけです。
「なんだからね!」ってつけるとたいていツンデレっぽくなるみたいなんだからね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

チェリー1粒目

さくらんぼ気取りのかわいい赤ちゃんめ いまだにチェリーボーイのくせに (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おっぱい3つめ

贅肉を寄せてはあげる要領で短所を長所に変えられたなら (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おっぱい2つめ

贅肉を寄せてベテランゴルファーのようにカップにねじ込みますか (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「枡野浩一のかんたん短歌blog」投稿作品の感想

記事が「ちんちん」や「おっぱい」ばかりだと運営から目をつけられそうなのでまじめに感想を書きます・・・。

基本的には<三月の中間発表>で取り上げられた作品が中心です。
http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-d5ed.html

お気に入りの歌だけを取り上げて、愛情のこもった感想を書くことにします!

■感想

チロルチョコ三粒ほどの好きなのでブランド菓子で返事は困る (小川凜)

とか言ってほんとは好きなんだろコノヤロー!
チロルチョコでも種類によって愛情度は変わりそうですね。
「きなこもち」味なんか本命だと思うけどどうだろう。
そんなわけないか。
小川凛さんの短歌はアベレージが高い印象。
言葉の結晶度が高いです。

さようなら いつから嘘だったかなんて どうでもいいと思っておくね (笹木真優子)

どうでもいいと思わないとやってられないもんね・・・。
この強がりがいじらしい。
でも男によっては「うざい」と感じるので気をつけて!

行くたびに自己紹介をさせられるような気持ちで4年通った (花緑青)

これはつらい・・・。いわゆる「ぼっち」ってやつですね・・・。
比喩も適切だし、これしかない、という言葉の完成度。
孤独が短歌を育てるんですね。
いやなんか、花緑青さんがそうだったということにしちゃってますけども。

君の胸ポケットに手を入れさせて誰もいないって確かめさせて (山口朔子)

かわいい!
でも本気で誰かいると思って言ってたらちょっと怖いです・・・。
胸ポケットに誰がいるって言うんだ。
借りぐらしのアリエッティですか?
そんなのいないから!

「泣いていい?」とかずるいだろ いつだって俺のためには泣かないくせに (真木さわこ) 

真木さわこさんの短歌は「素直になれない」感じがうまく表現されていてかなり好き。
きっとツンデレだな。うん。
この歌も雰囲気があって好きなんだけど、文意はちょっとあいまいかなあ。

友達のひとりだけれど無防備に信用すんな好きなんだから (真木さわこ)

<三月の中間発表>に投稿されていた歌のなかではこれが一番好き。
シチュエーションをいろいろ妄想できた。
恋愛対象に見られていないつらさとか、
彼女にも見せない素顔を見られることの優越感とか、
関係性を深めることが怖くて現状に甘んじている臆病な感じとか、
いろいろ妄想が浮かび「ああもう!」という感じです。
ごちそうさまでした。

肩コリのせいだよきっと 君が今俺に怒っていることぜんぶ (篠原謙斗)

そんなわけないだろ!
篠原謙斗くんはなんもわかってないんだから!
サイテイ!
でも実際にそんな理由もあり得るのが女心のおそろしいところです・・・。

「好き」だって言いたかったのに「好きな子はいないわけ?」とか言っちゃうあたし (真木さわこ)

ツンデレ歌人真木さわこさんの本領発揮ですね!
ああもう!

さよならは唯一あなたがくれたもの 涙はおまけだったんだよね? (篠原謙斗)

またそうやって疑問形で皮肉を言う・・・。
でもこのちょっと冷めた感覚が篠原謙斗さんの魅力だと思います。
篠原謙斗さんの作品も全般的にレベルが高い。

笑ってる私を思って笑ってるあなたを思って笑ってるから (is)

ほほえましい光景ですなー。
笑いの無限ループですね。
現実には無限に笑っていられるわけがないので、
どこかでどちらかが笑わなくなるんだろうけど、
その瞬間を想像すると背筋が凍ります・・・。

幸せのうまい醤油を分けてくれ 遠くのキッコーマンに手を振る (花緑青)

なんだこれ?
こういうナンセンスな短歌は大好きです。
でもこれが前出した「ぼっち短歌」の花緑青さんの作品だと思うとまた別の感慨が。
花緑青さん。だいじょうぶか。元気だせよ。

親指の圧力だけで鉛筆の黒さも知らず書いてゆく歌  (ショージサキ)

ショージサキさんの作品も全体的にレベルが高い。
自作の良し悪しを見極める目が良いんだろうなあ。
センスも良いよね。自分には作れないなあと素直に感心します。

願わくは好きにならないちょうどいい感じで優しくしてもらいたい (花緑青)

めんどくさいなー。
でも、人のやさしさに慣れていない、臆病な感じが魅力的です。
そういう人にしかつくれない短歌ってある。
だから元気だせよ。とりあえずキッコーマン買おうぜ。

プレゼントされたカップはあなたよりわたしと長く居てくれている  (ショージサキ)

そうなんだよねえ。
プレゼントって別れたあともなかなか捨てられないよねえ。
でも「居てくれている」ってことは未練たらたらだな。
振られたのか。
ショージサキさん。元気だせよ。
これもきっちり完成している作品ですね。

ごめんって同時に言ったあのときが いちばん幸せな時だった(真木さわこ)

デレ入りましたー!
でも切ないな・・・。
終わってしまった恋のはじまりのころを振り返ってデレるのは切ない。
細かいことだけど、一字あきっているかな。

折れたってことは硬くて細長いものだったんだ 僕の心は (仁尾智)

枡野浩一さんいわく「まだ言葉が動きそうだけど」ってことだけど、
「折れたってことは硬くて細長いものだったんだ」って部分は完璧だと思う。
盲点をつくような新しい発見のある良いフレーズですよね。

セックスをする時だけはバカになるつもりでしたがいかがでしょうか (篠原謙斗)

また疑問形・・・。
篠原謙斗さんはとんだ「疑問歌人」ですね!
事後の冷めきった感じと、最中のバカになっている感じのギャップがおもしろい。
クールぶっている篠原謙斗さんにはぜひ「いやあんたいつもバカじゃん」と相手の女性に罵られて欲しい。
・・・意外と俺は言われたいかも。

この時期に「ホワイトデー」と口にする男はチョコを貰ったやつら (福乃麻夜)

福乃麻夜さんは女性ですよね。
どうしてここまで非モテ男子のルサンチマンを表現できるんだろう。すげーな。
男のかわりにもっと言え!
どうぞよろしくお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ちんちん3本目

ちんちんを見せればわらうと思ってる? でもなぐさめてくれてありがと (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ちんちん2本目

なぐさめのつもりなのかな「ちんちん」ってふざけて言ってくれてありがと (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ちんちん1本目

すばらしいご意見ですがちんちんをかきむしってもよろしいですか (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おっぱい&ちんちんコラボ1回目

都合のいいおっぱいだった 都合のいいちんちんの負け惜しみですけど (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おっぱい1つめ

あの頃は(ほんとは今も)「おっぱい」とつぶやくだけで元気になれた (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トップページ