« 「第十回文学フリマ」ぶらり見学レポート | トップページ | 【誤読の部屋】第4回「誠実な機械じかけの僕のままホットミルクを拾い上げれば(星野しずる)」 »

2010年5月25日 (火)

【感想】ツイッター(#kantantanka)に最近投稿された作品について(2010.5.25)

こんにちは。管理人です。
好きな動物園は「野毛山動物園(横浜)」
好きな動物は「おだんごアップヘアの女の子」です。
今年もよろしくお願いします。

先日「第十回文学フリマ」で枡野浩一さんにお会いしました!

その時に「感想は任せるね。ぜんぶ下ネタ解釈でいいじゃん」と言われましたが、
謹んでそのご提案は却下させていただきます……。

短歌ウルフRでは、いつものように好きな作品の感想をゆるゆる書いていきますよー。

今回は、ツイッターのハッシュタグ#kantantankaに
2010年5月18日から5月25日20時までに投稿された作品が対象です。

■感想

うれしくてねむくてつらくておどろいておだやかすぎるいちねんでした(齋藤小鳥)

前回「漢字多くね? まじうけるんですけどー!」と指摘したせいか、オールひらがなです……。
ははーん。喧嘩売っていますね?
でも「おだやか」な感じはうまーく表現できていると思いました!
なんかロシア民謡の『一週間』みたいです。
少年ナイフの『ワン・ウィーク(一週間)』みたいでもある。

またねって手をふったから残酷な希望になった絶望じゃなく(真木さわこ)

「職場にコウモリがチェックインする歌人」真木さわこさんらしい、リアリティにあふれた作品です!
「残酷な希望」と「絶望」ってどっちがマシなんでしょうね?
作品のメッセージは「絶望させてくれたほうがマシ」ってことなんでしょうけど、ちょっと考えさせられました。
あと、「またねって手をふったから」ではじまると、
だいたい「ちょっとしんみりいい話ダナー」って作品になりがちなんだけど、
真逆を行く「ひねくれた感じ」もおもしろいと思いました!

我輩は猫であるけど何か用? ちょっと悩みを聞いて欲しいニャ (二葉吾郎)

あざとすぎる……。
「あざとさ」では人後に落ちない管理人ですがこの「あざとさ」には頭が下がります。
とゆーかー、作中人物の人格分裂してね? きゃはは。ばかうけまじうまいんですけどー!
「何か用?」と聞きつつ「悩みを聞いて欲しい」って……。
「用があるのお前自身かー! ノリ突っ込みかー!」って感じです。
まあでもこれだけ「あざとさ」が突き抜けると、拍手せざるを得ません!
あ、もし後半が別の人(猫?)の台詞だったらすみません。

することをするともうすることはなくもう休憩にする(文字どおり) (is)

「東京都札幌市在住の平熱系ボタン歌人」isさんらしい、
同じ言葉の繰りかえしと括弧づかいが印象的な作品です。
最初ピンとこなくてスルーしてたんですが、
「ラブホテルのことかー」と気づいてから「うまさ」にうなりました。
あれですね。「うまい棒(納豆味)」に匹敵する「うまさ」だと思いますよ?

信号がずっと青だと怖くなる よわいこころで走っています(齋藤小鳥)

管理人的にかーなーり共感度の高い作品です!
「よわいこころ」がひらがななのもイイ!
これが「弱い心」だとちょっと強そうですもんね?
「齢小五郎」だと意味わからないうえに柔道の達人っぽいですもんね?
だいたい「こころ」じゃなくて「こごろう」で変換していますもんね?
……そんな感じです!

興奮はしてるよ だってほら見なよ 立ちあがろうってがんばってるよ?(篠原謙斗)

これもあざといなあ……。
なんか篠原謙斗さんって「自分のTINTIN」に「クララ」って名前をつけて、
「クララが勃った! クララが勃った!」と叫びながら相手の顔の前にアレを突き出して踊りまわってそう……。
ねえ? そうなんでしょ? 教えておじいさん!
ただ、作品の完成度はさすがだと思います!
あそこは「半勃ち」なのにねー。くすくす。

*

それにしても、コンスタントに作品をつくり続けている人たちがいると刺激を受けますね!
俺も作品つくらないとなー。

それではまた!

人気ブログランキングへ←管理人の「やる気スイッチ」ですよ?

|

« 「第十回文学フリマ」ぶらり見学レポート | トップページ | 【誤読の部屋】第4回「誠実な機械じかけの僕のままホットミルクを拾い上げれば(星野しずる)」 »

人の短歌を読みました」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1356472/34880241

この記事へのトラックバック一覧です: 【感想】ツイッター(#kantantanka)に最近投稿された作品について(2010.5.25):

« 「第十回文学フリマ」ぶらり見学レポート | トップページ | 【誤読の部屋】第4回「誠実な機械じかけの僕のままホットミルクを拾い上げれば(星野しずる)」 »