« 手をつなぎ駄菓子屋さんで雨やどり | トップページ | 奪うなら奪っていけよお前らが »

2010年5月 7日 (金)

【感想】ツイッター(#kantantanka)に最近投稿された作品について(2010.5.7)

こんにちは。生乾きには注意してくださいね?
管理人です。

2010年5月7日にNHK教育で放送された『新三銃士』は見ましたか?
この回を見た管理人の感想は「サソリこわい」です。

それではさっそくいつものように好きな作品を取り上げて感想を書いていきます!

ハッシュタグ「kantantanka」に、5/7 20:00までに投稿された作品が対象です。

■感想

おれだっておっぱいパブに行きたいよ人間らしい暮らししたいよ〈鹿ケ谷街庵〉

ろくでもない主張なんだけど、じーんとくるのがふしぎ!
「おっぱいパブ」に行くことと「人間らしい暮らし」のつながりもよくわかんないんですけどねー。
鹿ケ谷街庵さんの考える「人間らしさ」が心配です……。
ともあれかなり好きな作品です!

目を閉じて五月の風をほほに受け点字ブロックをたよりに歩く(岡本雅哉)

「目を閉じて五月の風をほほに受け」というのはちょっと詩的すぎ?
と思わないでもないですが、「点字ブロックをたよりに歩く」がふんわりと受け止めていますね!
魅力的な情景が目に浮かぶ作品です。

「淋しいにきまってんじゃん会えなくて」泣きそうだから言わないだけで(真木さわこ)

かつて「ツンデレ歌人」と評したことのある真木さわこさんですが、
実はとっても素直な人なんじゃないかと思いはじめた今日この頃です!
共感力の高い主張を自然体で詠み込むのがほんとうまいんですよねー。

何度でもわたしのことを思い出し苦笑いとかすればいいのに(緒川景子)

うーん、せつない作品ですね……。
振られちゃったんですね。元気だそうぜ。
現実離れした願望を持つほどバカじゃないんだけど、
たとえ「苦笑い」だとしても存在を認識して欲しい、という控えめな往生際の悪さに共感しました!

木洩れ日がまだらになって降る道を光も影も踏んで歩いた(黒井いづみ)

目に浮かぶ情景がきれいな作品です!
「光も影も踏んで歩いた」という表現がすごくイイ!

後ろから抱きしめられるようなこと一回くらいあってもいいな(久坂友紀)

「プロレス大好き歌人」の久坂友紀さんの作品ということを踏まえると、
「プロレスラーに羽交い絞めされたいのか?」と誤解しそうですが、そうじゃありません!
ちょう控えめな願望のかわいらしい作品ですねー。

見込みとか薄そうだけどもう少しあがいてみてもいいかな?(いいとも!)(久坂友紀)

「いいとも!」の定番フレーズをつかった作品ですね!
自分を励ましているって感じでしょうか?
かなり好きな作品です!

ほめられて伸びるタイプと自覚する けなされたって伸びてやるけど(岡本雅哉)

岡本雅哉さんはほんとうに「伸び」好きだなー。
ほとんど「のび太」ですね。
自立心や反発心の強いメッセージが個人的に好みでした!

誰にでも描けるその顔それだってアンパンマンのやさしさだから(ごみたゆうこ)

名作……。
着想もすばらしいし、「やさしさ」をテーマにした作品自体の読後感も「やさしい」です。
今回取り上げた作品のなかでは一番好きかも。

今回の悲しみ全治3ヶ月(無理に笑うと長引きますよ) (is)

isさんは相変わらずいいこと言うなー。
そして相変わらず括弧好きだなー。
「括弧つけ歌人」って読んでいいですか?
悲しいときには思いきり悲しんだほうがいいってことかー。

*

今回感想を書いていて「言葉選びの必然性」とか「情報量」について考えさせられました。
「読者への親切心」と「読者の読解力の信頼」のバランスって難しいなー。

今後もみなさんの素晴らしい作品を読めることをたのしみにしています。

それではまた!

人気ブログランキングへ

|

« 手をつなぎ駄菓子屋さんで雨やどり | トップページ | 奪うなら奪っていけよお前らが »

人の短歌を読みました」カテゴリの記事

コメント

バレましたね、僕がのび太ってこと。そうです、僕はどこでも寝られますし、寝入りも恐ろしく良好です(笑)!

今年は題詠blogにも出走していないので、久々に他の人から短歌を読んでいただいてうれしかったです。

「伸び」って自分ではそれほど意識してなかったんですが、他にも詠んでましたっけ?

お気に入りの短歌がありましたら、またよろしくお願いします!

岡本雅哉

投稿: のび太 | 2010年5月 8日 (土) 15時23分

実写版のび太こと岡本雅哉さん、こんにちは!
岡本雅哉さん、だいたい黄色のトレーナーですもんね。
半ズボンだし。
そりゃのび太ってバレる。

ぶっちゃけそんなに「伸び」てないと思います!

前に題詠blogに参加していたんですねー。
あとで作品を読みに行こう。

ではまた!

投稿: 短歌ウルフR管理人 | 2010年5月 9日 (日) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1356472/34575310

この記事へのトラックバック一覧です: 【感想】ツイッター(#kantantanka)に最近投稿された作品について(2010.5.7):

« 手をつなぎ駄菓子屋さんで雨やどり | トップページ | 奪うなら奪っていけよお前らが »