« 【短考】「表現者としてのタイプ」を把握してストレスフリーの作品づくりを!(前編) | トップページ | 【短考】「表現者としてのタイプ」を把握してストレスフリーの作品づくりを!(補足) »

2010年5月 6日 (木)

【短考】「表現者としてのタイプ」を把握してストレスフリーの作品づくりを!(後編)

こんにちは。タガが外れていますよ?
管理人です。

前回から

「表現者としてのタイプ」を把握してストレスフリーの作品づくりを!

と題してお送りしていますが、今回は後編です!

前回からの続きになるので、未読の方は先にそちらをごらんください。

*

前編では、以下のチャートを使って「表現者のタイプ」を4つに分類しました。

Type_of_creator_2

今回は「それでこのタイプ分けがどう役に立つんじゃい!」ということを書いていきます!

■中島「磯野ー。4つのタイプを詳しく見てみようぜー」

まずは、それぞれのタイプの特徴を確認しておきましょう!

まずは「Aタイプ」。
これは、「爆発型かつ大物型」というタイプですね!
仮にタイプ名をつけるとすれば「パンクロックスター」って感じでしょうか。

初期衝動を爆発させて作品をつくるわけですが、
その結果として世界中の多くの人からの賞賛を一身に受けたい、というタイプです。

つまり、このタイプは、一人で孤独に作品をつくっても絶対に幸福になれません!
一方で、大勢から受けいられようと、自分が表現したいことを曲げてもスッキリしない。
矛盾を抱えた「めんどくせータイプ」です!

したがって、矛盾を超えて両方の目的を実現しようと思ったら、相当の実力と幸運が必要です。

次に「Bタイプ」。
これは、「発掘型かつ大物型」というタイプです!
仮にタイプ名をつけるとすれば「ポップスター」ですかね。

できるだけたくさんの人から賞賛を受けたいと望んでいるのは「パンクロックスター」と同じですが、
そのために必要な表現が自然と湧き出てくるというよりは、自分の内面から引っ張り出してくる、というタイプです。

このタイプが気をつけないといけないのは
「自分が本当に表現したいことがどこかにあるはず」という幻想を抱いてしまうことです!
それは「目的」と「手段」を取り違えています。

逆にいえば、「大勢に受け入れられるための引き出しを自由に選べる」のがこのタイプの強みです!

つづいて「Cタイプ」。
これは、「爆発型かつ孤高型」というタイプ。
仮にタイプ名をつけるとすれば「天性の表現者」って感じです!

初期衝動を爆発させるところは「パンクロックスター」と同じですが、
自己満足が最優先で、わかる人だけがわかればいい、というタイプです。

一般に「表現者」とか「天才」というと思い浮かぶのがこのタイプでしょうか。

こういう人は「好き勝手にやるしかない」し、「好き勝手にやれば万事オッケー」です!
「他人に理解されなければ本物ではない」なんて通説に左右されないことが大事です。

最後に「Dタイプ」。
「発掘型かつ孤高型」というタイプです。
仮にタイプ名をつけるとすれば、「趣味人」という感じですね。

あくまでも自己満足のために作品をつくり、そのための材料を内面から掘り出してくる、というタイプです。

このタイプも基本的には「好き勝手にやればオッケー」です。
気をつけないといけないのは、「作品を作りつづけなければいけない」という変な義務感を覚えないことですね。

あくまでも趣味。やりたくなければ、やらなければいいんです!

■「やりたいこと」と「やっていること」を一致させよう!

このように、タイプによって作品づくりのスタンスは変わってくるわけです。

しかし、一方で「表現者はこうあるべきだ」というような根強いドグマがあって、
そのギャップを信じて苦しんでしまう人がいます。

そんな「誰にでもあてはまるような創作スタイル」はありません!
それが、この記事のメッセージのひとつです。

4つのタイプ分けによって、大雑把に自分が「やりたいこと」がわかります。
あとは、自分が「やっていること」を一致させることで、
ギャップ=ストレスから開放された作品づくりができるのではないでしょうか?

それこそが、この記事のタイトルである、

「表現者としてのタイプ」を把握してストレスフリーの作品づくりを!

が意味するところです!

*

以上、2回に渡って「表現者のタイプ」について考えてきました。
いかがでしたでしょうか?

ここで重要なお知らせが!

ここでは書ききれなかった注意点などを、別途「補足」としてまとめることにしました!

「表現者としてのタイプ」を把握してストレスフリーの作品づくりを!(補足)

こちらも是非ご覧ください!

それではまた!

人気ブログランキングへ

|

« 【短考】「表現者としてのタイプ」を把握してストレスフリーの作品づくりを!(前編) | トップページ | 【短考】「表現者としてのタイプ」を把握してストレスフリーの作品づくりを!(補足) »

短歌のことを考えました」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【短考】「表現者としてのタイプ」を把握してストレスフリーの作品づくりを!(後編):

« 【短考】「表現者としてのタイプ」を把握してストレスフリーの作品づくりを!(前編) | トップページ | 【短考】「表現者としてのタイプ」を把握してストレスフリーの作品づくりを!(補足) »