« 【緊急ポスト】「暖炉とか薪ストーブのある部屋の良さを伝える短歌大賞」発表 | トップページ | 【短考】短歌コンテストに参加して感じたこと(後編:コンテスト必勝法) »

2010年5月31日 (月)

【短考】短歌コンテストに参加して感じたこと(前編)

こんにちはー。管理人ですー。
今回は特に言うことを思いつきませんでしたー
今年もよろしくお願いしますー。

前回の記事、

【緊急ポスト】「暖炉とか薪ストーブのある部屋の良さを伝える短歌大賞」発表

で書いたとおり、今回と次回の2回に分けて、
コンテストに参加して感じたことをまとめてみますー。

コンテストに参加した人も、そうでない人も、ぜひご覧くださいー。

語尾うざいですかー?
じゃあやめますー。

■成長するために競争しよう

みなさん、SMAPの『世界に一つだけの花』という歌は好きですか?
管理人はあまり好きじゃありません……。

そこで歌われている「オンリーワン」という考えかたは大事だと思うし、
そういう考えかたを必要とする人たちがいることもわかります。

でも「競争」も大事です!
というか「花屋の花」だって競争してるよ!

ずいぶん前にそんな思いを短歌にしたこともあります。

競争もせずにオンリーワンなんて言うよりナンバーワンを目指せば? (長瀬大)

ただ、ここで言いたいことは、
「競争は必然」とか「勝つことがすべて」とかそういうことじゃありません。

「競争に身をおくことは成長に役立つ」ということです!

競争というのは、「作品に優劣順位をつける」ということですよね。
つまり、「より優れた作品がそのように評価される」ということでもあります。

したがって、コンテストで1位をとろうと思ったら、
自然とベストを尽くようになるし、自作への自己評価も厳しくなります。

これ、漠然と作品づくりをしていて、
自分の評価基準を越えただけで満足してしまうのとは大きな違いだと思いませんか?

これがコンテストに参加する効用として最も重要だと思う部分です!


■他人の価値観に委ねるということ

また、コンテストでは「作品の評価を他人にすべて委ねる」ことになります。

これも結構重要だと思うんですよね。

【短 考】自分の短歌が思うように評価されないのはなぜか?

という記事で「ジョハリの窓」について触れましたが、
他人の価値観に委ねるのは、「盲点の窓」の存在を認める、ということにつながります。

コンテストの時でもないと、他人と意見が衝突しても、
ついつい、それは「盲点の窓」ではなくて、他人にはわかっていない「秘密の窓」なのだ
と自己弁護しちゃいがちですもんね。

少なくとも管理人はそうです……。

自分に足りないものがあると謙虚に認めるうえでもコンテストの存在はありがたいものです。

■価値観は人それぞれだけど……

今回の受賞作品を見て、
自分だったら違う作品を選ぶ
と思う人がいるかも知れません。

それはよく理解できます。

そのことは、先ほどの記事にも書きました。

【短考】自分の短歌が思うように評価されないのはなぜか?

人の感じかたは違うのが当たり前、という話です。

でも、その話をコンテストに持ち出してはいけません!

なぜなら、コンテストにおいては、
コンテストの価値観というものにそって、厳正に審査されているからです。

そこでは個人の価値観というのは二次的な意味しか持ちません。

もうひとつ重要なことは、

価値観の違いが意味をもってくるのはある程度の水準に達した作品だけ

ということです。

大賞を取るような作品は、どういう場であっても一定の評価を得るのは間違いない。

「価値観の違い」というマジックワードで自分をなぐさめる前に、

「そもそも水準に達していたか?」

と自問することが次につなげる上では大事だと思います。

*

我ながら説教くさくてすみません……。
まあ自分に言い聞かせている部分もあるんですけどねー。

次回は「コンテスト必勝法」という
JAROに訴えられそうな過剰広告な内容をテーマにお届けしますー。

ではまた次回ー。

語尾がうざくてすみませんー。

人気ブログランキングへ←管理人の「やる気スイッチ」ですよー?

|

« 【緊急ポスト】「暖炉とか薪ストーブのある部屋の良さを伝える短歌大賞」発表 | トップページ | 【短考】短歌コンテストに参加して感じたこと(後編:コンテスト必勝法) »

短歌のことを考えました」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【短考】短歌コンテストに参加して感じたこと(前編):

« 【緊急ポスト】「暖炉とか薪ストーブのある部屋の良さを伝える短歌大賞」発表 | トップページ | 【短考】短歌コンテストに参加して感じたこと(後編:コンテスト必勝法) »