« フラワーチャイルド(連作5首) | トップページ | 【短歌MBA講座】第1回 電子書籍が出版しやすいのは何故か?<損益分岐点と限界利益> (1/3) »

2010年6月 7日 (月)

【感想】「暖炉とか薪ストーブとかある部屋の良さを伝える短歌大賞」3月31日の予選通過作品

こんにちは。
管理おじいちゃんじゃよ。

なに?
おばあちゃんはどうしているかじゃと?

馬鹿野郎! ←暴言

二度とおばあちゃんのことは聞くんじゃないぞ!
絶対にだ!

はあはあ。

……ところでなんの話じゃったかの?

そうそう。さんぼますたーの話じゃったな。 ←ちがう

ほっほっほ。

じょじょ、冗談じゃよ?

今回は「暖炉短歌」の4回目の感想じゃ。

さすがに何日も連続じゃと飽きるじゃろう
と言うことでわしにお鉢が回ってきたわけじゃな。

3月31日の予選通過作品が対象じゃよ。

それでは早速はじめるかのう。

■感想

クイズです 暖炉にあってあなたにはないものな~に?(答え:ぬくもり) (yako)

むかつくのう。むかつくのう。
しかしあっけらかんとしているところが憎めん作品じゃな!
「あなたにはないもの」は他にもありそうじゃな。
たとえば「かたくて長いもの」とか……って言わせないんじゃよう?

暇そうな夏の暖炉の前にいる 気のせいだけどちょっと涼しい (仁尾智)

確かに「夏の暖炉の前」はかえって涼しそうじゃのう。
これも一首の「ぎゃっぷ萌え」じゃろうか?
「冬以外は無用の長物」という暖炉の一般的ないめーじを逆手にとった点もすばらしいのう!

夏になり薪をくべない暖炉でもやっぱり人を集めるだろう (振戸りく)

これも「夏」に着目した点がすばらしいのう。
確かにだんらんの目印として暖炉は一年中活躍しそうじゃな!
惜しむらくは仁尾智殿と同じ着想じゃということじゃな。
向こうのほうが具体的な分、説得力がありそうじゃ。

干してある暖炉の上のマフラーの融けない雪は花びらでした (岡本雅哉)

端正でうつくしい作品じゃな!
情景が目にうかぶようじゃ。

燃え上がれ暖炉の炎 キャバクラの名刺を早く灰にしてくれ (二葉吾郎)

しょうもないのう……。
しかし、しょうもないことをどらまちっくに表現しているのが魅力じゃな!
「誇張」が短歌の王道の表現手段だということを思い出させてくれたわい!

設計図見ては暖炉の場所ばかりくるくるなぞる君の指先 (山口朔子)

「これから暖炉を買う情景」を描いた山口朔子女史は大した戦略家じゃわい!
「君」のわくわく感がありありと伝わってくるのう。
作品の完成度も抜群じゃ!

「新居にはリビングに暖炉付けようよ!」思いついたらもうぽっかぽか (山口朔子)

これも先の作品と同じ発想の作品じゃな。
こっちは「思いついたらもうぽっかぽか」という魅力的なふれーずがすべてじゃな!

暖炉の灯伸び寄り添った影二つ 私たちより仲が良さそう (さく)

ほほー。これはたまげたわい!
「人影」にふぉーかすして、それを「私たちより仲が良さそう」と表現するとは!
観察力のゆにーくさを感じさせてくれた作品じゃった。
管理じじいも脱帽じゃ。

お目当ては暖炉じゃなくて灰受けでほっこりと待つ祖母の焼き芋 (奥村知花)

具体的な描写がひかる作品じゃのう。
思わず「焼き芋」が食べたくなったわい!
ただ「お目当ては暖炉じゃなくて」は賛否がわかれそうじゃな。

もう何度暖炉の前で泣いただろう あったかいって泣きたくなるの (遠藤しなもん)

「あったかいって泣きたくなるの」はしみじみと名ふれーずじゃのう……。
やさしいだけでなく発見のあるふれーずじゃな。
遠藤しなもん女史は印象的なふれーずを思いつくのがうまいのう。

薪くべる間隔さえも板につき職人顔のいとこ10歳 (篠原謙斗)

ほほえましい情景じゃなあ。
観察眼がないと、なかなかこうはつくれない作品じゃな。

骨つきの肉のメニューが増えました 薪ストーブに火を入れてから (水野加奈)

ふ、ふぉー! ま、まんが肉が出おったーって違うかー!
いやあ、この納得感はすばらしいのう!
具体的な用途に言及しておるところが高ぽいんとじゃな。

かあさんは暖炉の上を拭くたびに木彫りの熊をうしろへずらす (水野加奈)

ふ、ふぉー! き、木彫りの熊が出おったーって違うかーって違わないかー!
これも「いかにも実際にありそう」な作品じゃのう。
水野加奈女史のこの「説得力」はどこから生まれておるんじゃろうか。
興味あるのう。

ねえ彼女僕の家には暖炉とかあるんだけれどよってかないか (伊藤夏人)

こんな情景が目に浮かぶのう。

彼女「きゃはは。暖炉とかまじうけるんですけどー!
伊藤夏人「いや、あの。チーズをあぶったりもできるし……」
彼女「きゃはは。まじ? チーズあぶる系? ハイジかっつうの
伊藤夏人「……(顔真っ赤)

かなしいのう。かなしいのう。

ちなみに「彼女」「ベイビー」じゃったら花輪くんが言いそうな台詞じゃな。

要するにじゃな。
管理じじいはこの作品が好きなんじゃよおおおお! ←おおげさ

リビングの暖炉のそばで書きました 薪の香りを同封します (レレレ田村)

これはきれいな作品じゃー。
「薪の香りを同封します」はふつう出てこない発想じゃな。
レレレ田村殿の発想力の豊かさが発揮された作品じゃわい!

あったかい暖炉はどこにあったかい? まだあったかいポケットのなか (さとう香奈)

りずむが魅力的な作品じゃのう。
りずむの大事さがこれほどはっきりわかる作品はこれまであったかいのう?

この部屋でタイムマシンと呼べそうなものといったら暖炉でしょうか (レレレ田村)

ふはー! これはすごい発想じゃよ!
一見結びつかないふたつの組み合わせがこれほど説得力を持つとはのう!
これは「たいむましん×暖炉」かっぷりんぐのぼーいずらぶ本が出るに違いないわい!

むう。

うちのおばあちゃんが早速向こうで奇声をあげておるわい。

(むふー! 暖炉総受けじゃー! 萌えー! こみけに申し込みじゃー!)

困ったもんじゃのう。

*

今回も名作ぞろいじゃったのう。

はっきりと感じたのが「差別化を意識した作品が増えた」ことじゃな。

オーソドックスな「冬の家族のだんらん」から一歩離れて、
「夏の暖炉・薪ストーブ」「料理」について表現している作品が目立ったわい!

あとは「暖炉・薪ストーブに関連する道具」を詠み込む作品なんかもあったのう。

長期にわたって開催された、
ひとり何作品も応募できるコンテスト形式のおもしろさが出ておったと思うぞ!

じゃあのー。

人気ブログランキングへ←管理おじいちゃんの「ばいあぐら」じゃよ?

|

« フラワーチャイルド(連作5首) | トップページ | 【短歌MBA講座】第1回 電子書籍が出版しやすいのは何故か?<損益分岐点と限界利益> (1/3) »

人の短歌を読みました」カテゴリの記事

コメント

いままでどんなブログを読んでもやる気スイッチを押したことがなかったのですが、ついバイアグラで押しちゃいました。。とどうでもいいコメントですみません。いや、えっといつも楽しく読ませてもらってます!

投稿: udonnobita | 2010年6月 7日 (月) 17時40分

ふぉー! udonnobita殿のおかげでぎんぎんじゃよー!
JRからの通勤をすすめられたからといってやさぐれてはいかんぞ?
むふー! ばあさんはどこじゃー!

投稿: 短歌ウルフR管理人 | 2010年6月 7日 (月) 17時50分

手紙の歌は、ちょっと綺麗にまとまりすぎてる気がしたんですが、結果的にはこれで賞をいただけたんですよね。このへんはコンテストの性格というのが大きそうです。
さくさんの歌がうまいなあと思いました。影の歌には私も挑戦しましたが、あまり上手にできなかったので。

投稿: レレレ田村 | 2010年6月 7日 (月) 20時05分

今晩は。お邪魔します。
いつも楽しく拝見してます。

「くるくるなぞる」は枡野さんにえっちとの評をいただいて嬉しかった思い出の歌ですが(笑)今回もかなり嬉しい!
ありがとうございます♪

長瀬さんの感想が付くと一度読んだ歌ももう一度味わい直せてとてもおトクですねえ。二度おいしい。すごくおいしい。
「め、名作が出たぞー!」って一緒にやってます。心の中で。
管理おじいちゃんが大好きなので、今後ますますの活躍に期待。おばあちゃんも気になるこの頃です。

投稿: 山口朔子 | 2010年6月 8日 (火) 02時08分

こんばんはwink
yakoです。
いつも楽しく読ませて頂いております。
またまた私の短歌を紹介して下さりありがとうございます!!
「むかつく」という素敵な褒め言葉(笑)すごくうれしいですshine
「かたくて長いもの」に爆笑してしまいましたww
これからも短歌ウルフRを楽しみにしてますup

投稿: yako | 2010年6月 8日 (火) 19時24分

>レレレ田村殿

枡野さんの大賞発表記事によると、
レレレ田村さんの作品は表が分散したそうじゃから、

>このへんはコンテストの性格というのが大きそうです。

真相は謎じゃな……。

ちなみに、わしが番好きなレレレ田村さん作品は今度別記事で書くぞ?

>山口朔子さん

いつも見てもらってかたじたけないのう。
今度はぜひ「名作が出たぞー」を声に出して言うんじゃぞ?

>yakoさん

ご推察どおり「むかつくのう」はわしのほめ言葉じゃよ。
またいい作品が読めることをたのしみにしておるぞ!

投稿: 短歌ウルフR管理人 | 2010年6月 9日 (水) 07時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1356472/35116035

この記事へのトラックバック一覧です: 【感想】「暖炉とか薪ストーブとかある部屋の良さを伝える短歌大賞」3月31日の予選通過作品:

« フラワーチャイルド(連作5首) | トップページ | 【短歌MBA講座】第1回 電子書籍が出版しやすいのは何故か?<損益分岐点と限界利益> (1/3) »