« 【感想】「暖炉とか薪ストーブとかある部屋の良さを伝える短歌大賞」5月6日の予選通過作品(2/3) | トップページ | 【短歌MBA講座】第1回 電子書籍が出版しやすいのは何故か?<損益分岐点と限界利益> (3/4) »

2010年6月 9日 (水)

【感想】「暖炉とか薪ストーブとかある部屋の良さを伝える短歌大賞」5月6日の予選通過作品(3/3)

こんにちは。元管理人です。

今回は、前2回に引き続き、5月6日の予選通過作品が対象です。

これで「暖炉短歌」の感想も書きおさめです。
さみしくなるなあ……。

それでは、最後の感想を書いていきますよー。

■感想

風邪をひき暖炉の前でうずくまる 猫みたいって誰か笑って (篠原謙斗)

「てゆーか布団にはいったほうがいいんじゃね? きゃはは」
篠原謙斗さん。こんな感じですか? ←ちがう
あと、この状況で「猫みたい」って笑える人は鬼畜の恐れアリ。


フレイムがフレームのなか揺れている 暖炉がテレビのように見えるね  (短篇吟)

お。改作ですね?
表記を変えて可読性が増しています!
でもダジャレなんですよね……。くそ……!


薪割りも ダイエットになる 薪ストーブ 燃やしておくれ 体脂肪をも (さけのむ子)

これまた実に朗々とくだらない願望をうたいあげましたね!
そのふてぶてしさに乾杯!


新聞と悲しい手紙燃やすのは薪ストーブが拒まないから (ハレヤワタル)

「薪ストーブが拒まないから」という発想が素晴らしすぎます。
こんな発想なかなか出てこないよなー。


おしまいを暖炉の前で告げられる 火を見て僕を見ないあなたに (仁尾智)

あー。切ないですね……。
「距離感」の表現のしかたがお見事でした!


トーマスと 孫は暖炉を呼んでいる 汽車の仲間と思ったようです  (短篇吟)

発想がおもしろくて、説得力があって、
しかもほのぼのしているという、実に「お買い得」な作品ですね!
孫「わあ。とーますだ! ぼくとーますにのるー
短篇吟さん「……のっちゃだめええええええ!
泣ける


暖炉ある家で育った子どもには思い出だけで負けると思う (野比益多)

うーん、名作だなー。
完成度も高いし、この説得力。
しかも、親からしたら「よーし、暖炉買うぞ!」ってなりそうですもんね。
のび太のくせになまいきだなあ。


暖炉系男子が次の冬あたり増えて女の子とぽっかぽか  (木村比呂)

説明的な前半だったのに、
最後は「女の子とぽっかぽか」と放り投げちゃう感じがいいですね!


暖炉なう の検索結果 約881,000件 暖炉なう!  (木村比呂)

2010年6月9日現在だと約805,000件でした。
ちなみに木村比呂さんのこの短歌が2番目くらいに表示されています。
よかったですね?(にっこり)

わたしたち言葉に頼りすぎたから暖炉の火だけ揺らしておこう  (野比益多)

雰囲気のある作品ですねー。
情景が目に浮かぶ。
このあとどうせイチャイチャするんですよね? わかります。
のび太のくせになまいきだなあ。


とろとろと暖炉に残るおしまいの火種はふるえるくらい甘そう  (木村比呂)

「おしまいの火種はふるえるくらい甘そう」はステキな表現ですねー。
もっというと文化系女子ににモテそうな表現です! 管理人は怒っていますよ!
まあでも、いかにも木村比呂さんらしい作品だなーと思いました。

さて、以上で暖炉短歌の感想は終了です!
おつかれさまでしたー。

いやー。いい作品がたくさん読めてしあわせでした。

感想はこれで終わりなんですが、
短歌ウルフRとしてパワープッシュしたい作品を別記事で後日紹介する予定です。

そちらもぜひ読んでくださいね。

それではまた!

人気ブログランキングへ←管理人の「やる気スイッチ」ですよ?

|

« 【感想】「暖炉とか薪ストーブとかある部屋の良さを伝える短歌大賞」5月6日の予選通過作品(2/3) | トップページ | 【短歌MBA講座】第1回 電子書籍が出版しやすいのは何故か?<損益分岐点と限界利益> (3/4) »

人の短歌を読みました」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ども。のび太のくせになまいきなのび太です。
前回のコメント、横に長過ぎじゃね?
と、うっすら気に病むのび太です。

感想ありがとうございます!
自分がつくったものに
何かしら言ってもらえるのって、
うれしいですねー。

短歌をはじめて日が浅く、
さっぱりわからぬまま詠んでるので、
みなさんの短歌と
短歌ウルフさんのコメントを読んで、
毎回なるほど〜。と頷き、勉強してます。
ありがたや〜!

と今度は縦に長いコメントになって
気に病む事さえあきらめたのび太でした。

投稿: udonnobita | 2010年6月10日 (木) 11時10分

udonnobitaさん、コメントどうもです!

>短歌をはじめて日が浅く、
>さっぱりわからぬまま詠んでるので、

いや。
少なくとも基本的なところは軽々クリアしてるんじゃないですか?

アドバイスできるようなこともあんま思い当たらず……。
だいたい俺より良い賞を受賞してるしなあ。(遠い目)

こと「かんたん短歌」に関しては、
経験の長さはあんま関係ないと思いますよー。

レレレ田村さんなんかもそうですけど、
うまい人は最初からうまいです。

個人的にはちょう期待していますので、
ぜひ、のびのびとがんばってくださいね!

投稿: 短歌ウルフR管理人 | 2010年6月10日 (木) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1356472/35160574

この記事へのトラックバック一覧です: 【感想】「暖炉とか薪ストーブとかある部屋の良さを伝える短歌大賞」5月6日の予選通過作品(3/3):

« 【感想】「暖炉とか薪ストーブとかある部屋の良さを伝える短歌大賞」5月6日の予選通過作品(2/3) | トップページ | 【短歌MBA講座】第1回 電子書籍が出版しやすいのは何故か?<損益分岐点と限界利益> (3/4) »