« 最悪のバレンタインだ もし君が | トップページ | 【感想】ツイッター(#kantantanka)に最近投稿された作品について(2010.6.4)その1 »

2010年6月 3日 (木)

【短考】イグノーベル賞に学ぶ短歌の盛りあげ方

こんばんみ。ビビる大木ですか?

あいさつでもおわかりの通り、管理人はとても元気がありません……。
なので、今日はかるーい話題です。

さっそくいきますかー。

■イグノーベル賞とは

みなさんは「イグノーベル賞」ってご存じですか?
受賞の時期になるとテレビでも取り上げられるので、ご存じの方も多いかも。

簡単にいうと、

人々を笑わせ、考えさせた人に送られる「裏ノーベル賞」

のことです。

以下、「イ グノーベル賞」(Wikipedia)から引用します。 

授賞式は毎年10月、ハーバード大学のサンダーズ・シアターでおこなわれており、「本物の」ノーベル賞受賞者らも出席する。本物のノーベル賞では、式の初めにスウェーデン王室に敬意を払うのに対して、イグノーベル賞では、スウェーデン風ミートボールに敬意を払う。受賞者の旅費、滞在費は自己負担で、式のスピーチでは聴衆から笑いをとることが要求される。制限時間が近づくとぬいぐるみを抱えた少女が受賞者の裾を引っ張り壇上から下ろそうとするが、この少女を買収することによってスピーチを続けることが許される。

このように授賞式からしてふざけているんですが、
受賞作品もかなりおもしろいんですよねー。

たとえば、こんなのがあります。

  • 医学賞「剣呑みの芸とその副作用について」
  • 平和賞「敵兵を同性愛者にする爆弾の開発」
  • 生物多様性賞「恐竜、馬、竜、王女などを含む『ミニ生物』の化石を発見した功績」
  • 物理学賞「九年に一滴落ちる物体の観察」

実にくだらない……。(声:福山雅治)

でも、ここには短歌な人々も学ぶべきことがあるような気がします。
次項で簡単にそのことを書いていきますね。

■短歌にもっとユーモアを

まずは、そのユーモアの精神です!

言うまでもないことですが、ユーモアは人々の心に強く訴えかける効果があります。
一方で短歌の世界ってちょっと「ユーモア欠乏症」な感じがしません?

少なくとも世間のイメージは「真面目」「暗い」「非モテ乙w」って感じです。

だから、短歌はもっともっとユーモアを求めていい
たぶん、それくらいでちょうどいいんだと思います。

■王道が全てじゃない

次に、素晴らしいと思うのは、王道ではない日陰の研究に光をあてているところです!

短歌の世界だと、伝統と格式のある賞は、
すべておおまじめな王道作品に送られます。

まあそれはそれで当然なんですけど、
もっと変な作品に光をあててもいいのになーと常々考えていました。

「コメディ部門」とかがあってもいいじゃない?
もっとたのしもうよ!

あ、ちなみにこのブログでは、上半期・下半期のタイミングで、
いくつかジャンルを設けて勝手に賞を決めるつもりです!

■真剣に馬鹿をやるからおもしろい

ちなみに、イグノーベル賞を受賞する人たちは、みんな真剣なんだそうです!

狙ってやっていないからおもしろいし、
くだらないことを真剣にやっているからおもしろいんですよね。

短歌もそうだと思います。

他人から見たらくだらないことでも、真剣にやっていると、
凄みとか、おもしろさとか、予期しない効果がにじみ出てくることがある。

どうせやるなら真剣にやろう!ってことですね。

*

イグノーベル賞いかがでしたでしょうか?

世の中にはおもしろいことがいっぱいあります。
ちょっと外に目を向けるだけで、短歌の世界ももっとおもしろくできるはず。

今後もこのブログでは、そういう情報をお届けしていきますよ!

それではまた!

人気ブログランキングへ←管理人の「やる気スイッチ」ですよ?

|

« 最悪のバレンタインだ もし君が | トップページ | 【感想】ツイッター(#kantantanka)に最近投稿された作品について(2010.6.4)その1 »

短歌のことを考えました」カテゴリの記事

コメント

長瀬さんの短歌に関する考察には
いつも「ふ~ん」と思います。
小さな「ふ~ん」から大きな「ふ~ん」まで。
あ、「ふ~ん」は悪い言葉じゃないですよ。
なるほど~とか、そういう考えか~の「ふ~ん」です。
そうやって分析的に考える人の意見も
参考にしながら、凡人の私は短歌作ってます。
これからもたくさんの「ふ~ん」を期待してます。
鹿のふんとか…。

誰っ!今「言うと思った」って言ったの!
手を挙げなさい!

投稿: kana | 2010年6月 4日 (金) 08時30分

>誰っ!今「言うと思った」って言ったの!
>手を挙げなさい!

\( ^o^)/ ハイ

kanaさん、こんにちは。
えーと、どちらのkanaさんでしょうか……。

いつものkanaさんですかね。
とりあえず今後も「ふ~ん」って言ってもらえるようにがんばります!

投稿: 短歌ウルフR管理人 | 2010年6月 4日 (金) 17時30分

間違いました。
檀可南子です。

カナって言ったら私しかいないでしょ!
なんでわからないのよ!
バカ!
なんでいつも私の気持ちに気付かないのよ!

な、なんでもないよ!
なんでもないってば!

投稿: kana改め檀可南子 | 2010年6月 4日 (金) 19時29分

>檀可南子さん

あ、いや、「茉奈佳奈」の佳奈の可能性も!?と思いまして。
もちろん、わかっていましたよ。ほんとうだとも。

投稿: 短歌ウルフR管理人 | 2010年6月 4日 (金) 20時16分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【短考】イグノーベル賞に学ぶ短歌の盛りあげ方:

« 最悪のバレンタインだ もし君が | トップページ | 【感想】ツイッター(#kantantanka)に最近投稿された作品について(2010.6.4)その1 »