« 【新作短歌】ありがとう | トップページ | 【短考】雲を見あげるまえに欲望の根をつかまえろ »

2010年12月 4日 (土)

【感想】Twitter(#kantantanka)投稿作品の感想(2010.12.4)

4470169024_f33c33024f
"Some rights reserved by Xanetia"

こんにちは。管理人です。
いえーい。おじいちゃん見てるー?

今回は久しぶりに人様の短歌の感想を書くことにします!

基本スタンスは、
好きな作品だけを対象に、愛情を込めて感想をつける!
これだけです。

今回はTwitter(#kantantanka)に最近投稿された作品のなかから、好きな作品を選びました。

それでは早速いってみましょうか!


■感想

※筆名がついていなかったものはTwitterアカウント名を管理人が追記しています。


抱き合って眠るためには少しだけ君を嫌いにならないと 駄目(六条くるる)

名前が「くるる」だけあって、六条くるるさんの作品はひねくれてますね!
しかし、そこが作品の魅力です!
リズムもいいし、完成度が高いんだよなー。


人生のほとんど全部あげるから君のお金を僕にちょうだい(六条くるる)

引きつづき六条くるるさん。
みなさんどうですか? このひねくれっぷり!
まあでも、なんか憎めないんですよねー。
ついついお金をあげてもいい気になるからふしぎ!
人生のほとんど全部をくれるって話だしなー。


戻る場所あるって事が今僕の誇りでもあり保険でもある(@tocotomoko)

作品の意味は明瞭じゃないんですが、すごく気になる作品です。
築きあげてきた何か(人間関係とかキャリアとか資産とか)があるってことが、
主人公の誇りだし、いざという時に守ってくれる保険でもある、って感じでしょうか。
なかなか深い作品ですな。


君のこと考えてると眠れない 胸ではなくて頭が痛い(六条くるる)

これもひねくれてるなー。
もう「くるる」を超えて「くるんくるん」の域に達しています!
しかし、ここまでひねくれるなんて。六条くるるさん。なにがあったんだ。
六条くるるさんの作品は全体的にレベルが高い。
今後の作品に要注目です!


もう少しだけでいいから左手の届く範囲にいさせてほしい(真木さわこ)

かつて「ツンデレ歌人」として一世を風靡した真木さわこさんですが・・・・・・。
どうしたさわこ? 何かあったのか?
驚くべき豹変ぶりですね・・・・・・。
それはともかく主人公の控えめな態度にぐっときました。
「左手の届く範囲」という具体的な描写もいい!


少しだけ足が触れてる それだけで言いたいことは全部わかった(檀可南子)

なにこの高度なコミュニケーション。こわい。
まあでもわかる気がする。
ずっと暮らしているとちょっと体が触れただけで相手の感情が伝わったりしますもんね。
この作品で、相手が怒っているのか喜んでいるのか、
前後の状況がわからないので確信は持てませんが、
そんなふうに背後のストーリーを知りたくさせる魅力がある作品です!


最後まで勝負する気がないのなら 最初から手をだしたりすんな(檀可南子)

檀可南子△!
リズムもいいし、言うことなし!


二回目のキスはそういうことですね?そう思ってもいいんですよね?(真木さわこ)

ほんとうにどうした? さわこ。
つらい恋でもしているのかい?
主人公の必死さが切ない作品です・・・・・・。


とりあえずそこにしばらく立っていて 今から脳に焼き付けるから (ショージサキ)

ふてぶてしいんだか、おくゆかしいんだか、よくわからない主人公像がおもしろい。
すごくどうでもいいことだし、感想とはまったく関係ないんですが、
「おくゆかしい」「おかゆほしい」って似てますよねー。


好きでした 好きだったはず たぶん好き だってあんなに 泣いたりしたし(@miyudolce)

このあとに紹介する作品もそうなんだけど、過去形シリーズ流行ってるの?
過去形に着目すること自体は決して新しくないんですが、
この作品は「だってあんなに 泣いたりしたし」というフレーズが魅力的でした!


愛してた大好きだった大丈夫もう過去形で全部話せる(@Ta_Kana_)

出ました。名作です・・・・・・。
過去形ネタは新しくないとさっき言いましたが、これだけ完成度が高ければ言うことなしです。
失恋したばかりの人たちみんなに読んでほしい作品ですね!


「ここではないどこかへ」なんて言ってるときっとどこへも行けなくなるね(ごみたゆうこ)

恋人どうしの会話というふうに読みました。
ふたりのほんわかした関係性がなんとなくうかがえるところが好みです!
「夢みたいなこと言ってるとなにもできないよ」と叱責しているようにも聞こえるんですが、
「まあでもずっとここにいてもいいよね?」と、あたたかく世界を肯定しているように僕には聞こえました。


酒なしに生きていけない人生もいいんじゃねえのと笑うカナリア(@tocotomoko)

ロックですね!
チバユースケを思いだしました。
あと、インコさんのことも思いだしました。

*

いかがでしたか?
いい作品がいっぱいでしたね!

いやー、しかし久しぶりの感想だったので、
こんな感じでよかったのか不安でいっぱいです・・・・・・。

ではまた、忘れころにお会いしましょう。

あばよ!


人気ブログランキングへ←管理人の「やる気スイッチ」ですよ?

|

« 【新作短歌】ありがとう | トップページ | 【短考】雲を見あげるまえに欲望の根をつかまえろ »

人の短歌を読みました」カテゴリの記事

コメント

 久々の感想に採用していただけで、うれしいです。

 足が触れているという短歌はですね…
って説明しようかと思ったけどやめときます。
その方が、いっぱい妄想できるし。

 檀可南子△は「だんかなこさんかく」だと思って
「あああ、〇じゃないのね」ってつい思っちゃいました。
「だんかなこさんかっけー!」の方ですね。
おじいちゃんに指摘されてから
リズムについてはちょっとこだわっています。
おじいちゃんに、よろしくお伝えください。

投稿: 檀可南子 | 2010年12月 4日 (土) 22時10分

檀可南子さん

すてきな作品ありがとうございました!

>「だんかなこさんかっけー!」の方ですね。

檀可南子△は「だんかなこせいさんかくけい」ですよ?

おかしなことを言う人だ。

これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: 管理人 | 2010年12月 4日 (土) 22時26分

最近短歌をはじめたばかりで、
まさか誰かから感想をいただけるなんて、
しかも誉めていただけるなんて思ってもみなかったので、
ほんとうに嬉しいです!

ありがとうございます!

投稿: 田中かな | 2010年12月 5日 (日) 09時24分

管理人さん、お久しぶりです。

すっかり控えめで、かつ健気なオンナに大変身の真木さわこですよ。
・・・・・・それがなにか?

つーか!
あたしにこんなカワユイ短歌を詠まるなんて……
アイツってば生意気なのよ!

まったく!
管理人のあなたからもちゃんとアイツに言っておいてよねっ!

ま、これからもカワユイのやら小憎らしいのやら、
いろいろ詠むから、そこんとこ、よ・ろ・し・く!

あ、おじいちゃんにもくれぐれもよろしくお伝えくださいませね。

投稿: 真木さわこ | 2010年12月 5日 (日) 13時51分

しまった。コメントに脱字を発見・・・

さわこらしくないなあって笑って許してくださいね。

投稿: 真木さわこ | 2010年12月 5日 (日) 18時02分

田中かなさん

はじめまして。
名作ありがとうございました。
これからも生まれる作品をたのしみにしています!


真木さわこさん

脱字・・・・・・あれか。
言われて探さないと気づきませんでした。
おじいちゃんにも伝えておきますね。

投稿: 管理人 | 2010年12月 6日 (月) 06時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1356472/37957463

この記事へのトラックバック一覧です: 【感想】Twitter(#kantantanka)投稿作品の感想(2010.12.4):

« 【新作短歌】ありがとう | トップページ | 【短考】雲を見あげるまえに欲望の根をつかまえろ »