« 2010年4月11日 - 2010年4月17日 | トップページ | 2010年4月25日 - 2010年5月1日 »

2010年4月18日 - 2010年4月24日の33件の記事

2010年4月24日 (土)

ねえ目みて ねえこっち来て 手にぎって

ねえ目みて ねえこっち来て 手にぎって day after day ひどいことして (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぐさめの言葉をかけてあげようと

なぐさめの言葉をかけてあげようと思っていると思っているな? (長瀬大)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

言葉にはならない思いは思いとは

言葉にはならない思いは思いとはちがう言葉で届いてしまう (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【感想】「四月の中間発表:枡野浩一のかんたん短歌blog」に取り上げられた作品について

こんにちは。ちゃんと電話した?
管理人です。

みなさんは『四畳半神話大系』というTVアニメをご存じですか?
関東地方では4月22日(木)深夜にフジテレビで第一回が放映されたんですけど、なまらおもしろいです!
アート好きにもオススメ。
短歌ウルフR的にパワープッシュです!

さて、今回は「枡野浩一のかんたん短歌blog」の
< 四月の中間発表 >に選出された作品の感想を書くことにします!

現在、「休止中」なので、ひょっとしたら最後の感想になるかもしれません……。
まー、本ブログでは、いつものように好きな作品を取り上げて感想を書くだけです!

あ、すでに別記事で取り上げた作品は、対象から外しています。
以前の記事については、右メニューの「人の短歌を読みました」をチェックしてくださいね!

■感想

涙だとしても気のせいだとしても嘘だとしても嬉しかったな (縁井沢康太)

「としても歌人」縁井沢康太さんの本領が発揮されたぐっとくる名作です!
言い訳を3つ並べることで「嬉しさ」がしみじみ伝わってきます……。
かなり好きです!

「ボイン」とは朝丘雪路の胸を見て大橋巨泉が作った言葉 (野田修平)

「クイズ王に俺はなる!(どーん!)☆きゃぴーん」
という名ゼリフでお馴染みの野田修平さんらしいトリビア短歌!
31音に結晶化させる技術力はさすがですねー。

手のひらが4つあったらおっぱいを一度に4つ味わえるのに (名なし/あみー)

心底くだらないです……。
でも文体とくだらなさがマッチしているのが良い!
でも手のひらが4つあっても、おっぱいが4つないと味わえないのでは?
3P? それとも自分のおっぱいを揉むのだろうか。

あなたのこともっと知りたい ちんちんも裏側だけしか見たことないし (田原きみこ)

結構衝撃的な作品でした……。
これはヘテロセクシャルの男性には絶対つくれない作品だと思う。
あ、ちなみに表側は緑色でウロコが生えているそうですよ?

あとづけで志望動機を考える 生まれたかった理由について (ごみたゆうこ)

ちょうヘビーな内容です……。でも真理ですね。
内容ほどヘビーに感じずに済むのは、定型にきちっと収まっているからかなー。

ありがとう ありがとうって何回もおっぱいをもみながら思った (篠原謙斗)

名作……。
映画のワンシーン(しかもラストシーン)になりそう。
「皮肉ばかり言って女の子に冷たくあたっている歌人」の篠原謙斗さんも、
やっと感謝の気持ちが芽生えたんですね……。
お母さんはうれしいよ。

ちんちんをいじる許可証をあげます (おっぱい用もお願いします) (goki)

ろくでもない「愛の告白」ですね!
架空の「許可証」まで創造するgokiさんの恋路に幸あれかし!
ちんちんをいじる許可証。転売されないといいですね……。

すれ違う途中で美女がおもむろにおっぱい見せてくれたらいいな (二葉吾郎)

あみーさんの「4つおっぱい」レベルのくだらなさです……。
二葉吾郎さん。どした。現実に戻ってこいよ。待ってるよ。
正直、リアルにこんなことが起きたら「こえーよ」と思う。
でもこのくだらなさが大好きです!

繰り返す これは悲しい話ではない これは悲しい話ではない (縁井沢康太)

「リピート歌人」もとい「リピートの怪人」縁井沢康太さんならではの作品ですねー。
繰り返して否定することで「悲しみ」を強くアピールしています!
縁井沢康太さんの繰り返さない作品も読んでみたいですね。
縁井沢康太さんの繰り返さない作品も読んでみたいですね。

おっぱいを触っておいてやめるって悪徳商法みたいじゃないの (檀可南子)

女性はこんなことされたらショックだろうなー。
「悪徳商法」はすごく良いたとえですね。
きっちりまとまっているし、ユーモアもあるし、言うことなしです!

満開の桜が散るのを見てるのは満月だったことのある月 (is)

isさんには珍しい作風な気も?
しかし、なんといっても「満月だったことのある月」というフレーズが素晴らしいです!
「満先輩」として、「満後輩」の桜が「満開だったことのある桜」に変わるのを見ている、という構図ですね。
こういうちょっとトリッキーな構造は、トリック☆isさんらしいですね!

聞きなおしまた好きになる歌がある あなたのことも忘れずにいる (黒井いづみ)

きれいな作品ですね。
別れたあともこんな風に思ってもらえたら、男冥利に尽きるってもんです!

ハイヒール履いて行きます うっかりと あなたのために泣かないように (真木さわこ)

女性にとっての戦闘服のイメージなんですかね。「ハイヒール」は。
「泣かない」ために「ハイヒールを履く」というのは、説得力があります!
ちなみに男にとっての戦闘服は「ふんどし」と「さらし」ですね。
ハイヒールに比べるとカッコ悪いな……。つーかクールポコじゃん。

文末を締める言葉を見ないよう君のメールを白目で読もう (薮本あや)

「白目」の過剰さがいいです! 気持ちはすごくわかる。
「日々経る短歌」にも採用されていた作品ですが、そこでの枡野浩一さんのコメントもステキでした!

おひさまがぽかぽかきもちいい午後にチェリーボーイと告白するな (山城秀之)

ほのぼのとして、ユーモラスな、あったかい作品ですねー。情景が目に浮かぶようです。
「ほのぼの×リアル丸出しの告白」というギャップをいやーなものとして表現していて説得力があります。
でも、告白するのにわるくないシチュエーションって気もする管理人です!

*

今回は「文体のチカラ」を感じる作品が多かった気がします!

ヘビーな内容でも文体によってかるく感じさせたり、
「喜怒哀楽」をより強く表現できたりするみたいです。

「適切な文体を選択できているか?」というのも作品づくりでは気にしたいところですね!

それではまた!

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短考】自分の短歌が思うように評価されないのはなぜか?

こんにちは。クリリンのことかー!
管理人です。

今晩は録画していたTVを見るのが楽しみな管理人です。
その録画した番組というのがスゴイんです!

なんと、4月22日深夜に放映された「マツコの部屋」から
4月23日に放映された「徹子の部屋(ゲストがマツコ!)」という奇跡のコンビネーション!

「マツコ・デラックス」と「部屋」まみれの至福のひとときになりそうです……。

知らない人のために説明すると、
「マツコの部屋」は「おもしろVTRを用意してマツコ・デラックスをおもしろがせる……」という番組です。

スタッフは「これぞ!」という作品をつくってマツコに見せるんですが、
まあだいたいマツコはくすりともしないんですね。

■なんで自分の短歌は選ばれないんだろう?

ところでみなさんは、短歌に限らず、
「自分の評価と他人の評価のギャップ」に悩んだことはありませんか?

「こんなステキな作品なのに、なぜ評価されないんだー!」

とか

「なんで失敗作のほうが人気があるんだー!」

とかいうふうに。
管理人はしょっちゅうあります!

さっきの「マツコの部屋」も「自己評価と他者評価のギャップ」のひとつですね。

ところで、こういうギャップに直面したとき、どういう風に考えればいいんでしょうか?

あくまでも自分を信じる? それとも他人に依存する?
なんだかよくわからなくなって、全部投げ出しちゃう?
でもそれはもったいないよなー。

というわけで今回はそのことについて少し考えてみます!

■自己評価と他人の評価は違って当然!

まずは、「なにが良い作品なの?」ってことを、ちょう単純に考えてみます。
良い作品とは「自分と他人が良いと思う作品の集合」ということにします!

ベン図(勉三さんじゃないよ!)で表すとこんな感じ。

Venn_diagram

長方形の範囲全部が「全作品」、
重なった紫の部分は「共通の名作」、
長方形に囲まれた部分から円を除いた部分が「共通の駄作」、
2つの丸の面積の合計が「良い作品」を表します。

この図から何が言えるかっていうと、

(1)自分と他人の評価には重なる部分がある
(2)だけど当然評価が異なる部分もある
(3)誰からも評価されない作品もある
(4)丸の大きさや重なり方によって共通の駄作や名作の大きさも変化する

ってことです!

「良い作品だったら、当然誰でもわかるはずなのに……」
とついつい考えちゃう人は、この図を思い出してくださいね。

違う意見があって当然なんです!

■他人の評価とのギャップが自分を成長させる!

それはそれとして、じゃあそのギャップはなんで生まれちゃうんでしょうね?
「相手にも届くと思っていたのに届かなかった」っていうことは確かにある。

その原因を探るひとつの考え方がジョハリの窓です。

なんとなく

「ヒゲがジョリジョリのオカマがネグリジェ姿のまま顔を出す朝方の窓」

みたいな響きのことばですが、全然違います!

コミュニケーション心理学の有名な用語なので知っている人も多いと思いますが、
簡単に言うと「自分/他人」×「知っている/知らない」の4象限で、自己分析をするためのフレームワークです!

Johari_window
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

この考え方で重要なのは、

「他者とのコミュニケーションを通じて、ギャップは小さくなるし、自分も成長できる」


ということです。

短歌も同じだと思います。

積極的に自己主張し、他の人の評価にすなおに耳を傾けて、フィードバックを受けることで、
自分の知らなかった自分の作品の魅力や欠点に気づくことができるし、
相手の誤解も少なくなるし、新しい作品を生み出せるようになるわけです。

批評を怖がっていちゃダメってことですね!
そして孤独に作品を作りつづけるだけでは成長にも限界があるということでもあります!

■たくさんの敵に負けつづけて行こう!

もうひとつ重要なことですが、一概に「他の人」といっても「いろいろな人」がいます。
バランスよく自己発見をしようと思うなら、いろいろな人とコミュニケーションを取るべきだと思います!

だいたい、あわない人とはどうしてもあわないもんです!
逆に、あう(と自分が思っている)場合であっても、「ひとつの見方」「特定の人物」にベッタリ依存するのは危険です!

まあこれは恋愛でもおんなじですね……。(遠い目)

たくさんの敵と戦って、負け続けるなかで、
自分が戦うべき場所や、戦い方がわかってくるものだと思うので、
とりあえずはいろいろな場所で戦うのが良いんじゃないかなー。

たとえ、どこかで、一度負けたとしても、
すべて投げ出さずに、戦いつづけて欲しいと思う管理人です。

もちろん管理人自身も、自分なりのやり方で、ゆるーく、ぺそぺそ戦いますよ!

負けつづけでもかまわない逃げないで戦ったってことなんだから (長瀬大)

それでは!

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

きやすめに手をたたこうよ ガチャピンが

きやすめに手をたたこうよ ガチャピンがまずしあわせになれますように (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心音を胎児にあわせあの人は

心音を胎児にあわせあの人はゆっくりゆっくり水色になる (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別に嫌いな人がいないから

特別に嫌いな人がいないからどこかがおかしいのだとは思う (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【緊急ポスト】「枡野浩一のかんたん短歌blog」が休止……だと……!? #kantantanka

こんにちは。良かった……病気のこどもはいないんだ。
管理人です。

それはそうとみなさん!

枡野浩一のかんたん短歌blog」が休止だそうです……。

管理人はこの記事を読んだあと、しばし呆然とし、
その後おもむろに全裸になって、小一時間ほど「どうしてこうなった音頭」を踊りました。

それほどショックでした。

経緯についての詳細には、あえて触れません。

枡野浩一さんからしてみれば、
もともとブログ運営のテンションが下がっていたところに、
最後の一撃を喰らった、という感じだったんでしょう。

善意の無償活動だったので、今回の決定もやむなしかな、と推察します。

また、今回の件はいわゆる「最後の藁=ラスト・ストロー」というやつなので、
「自分のせいで休止……」と思い悩んでいる人がいたら、
必要以上に思い詰めないで欲しいなーと思います。

大切なのは、単に思い詰めたり、悲しむことではなくて、
自分の心にある欲求をじっと見つめた上で、
枡野浩一さんの発言の真意とか立場も熟考し、
自分のとるべき行動を考えることではないでしょうか。

幸い、今回は「中止」ではなく「休止」です。
ゆっくりねむって、それぞれが、自分の表現の核を見つめ直すいい機会かもしれません。

*

話は変わるようですが、管理人は、短歌の敵は「世間」だと考えています。
短歌の課題は「短歌に興味がない人に読んでもらうための戦い」に勝利することです。

短歌なんて、世間的には、ほぼ黙殺されている文芸です。
ましてや、名もない人の作品が注目されることなんてまずありません。
みなさんも思い当たるふしがあるのではないでしょうか?

そんな状況にあって、
「枡野浩一のかんたん短歌blog」という場は、
孤独で、無名な、管理人のような作り手と、
短歌に興味がない読み手を結びつけることができた、
数少ない、現状では最良の「場」です。

そしてそれは、
枡野浩一さんの発言力と、
短歌をつくっている人に手を差し伸べるという、
枡野浩一さんにとってみれば大変なだけの、
我々としてはありがたすぎる善意のおせっかいがあって、
ようやく成立しているある種の「奇跡」です。

だから、こうした「場」を幸運にも「利用」できる作り手として、
管理人は、枡野浩一さんへの感謝のきもちでいっぱいです。

枡野浩一さん、いつもありがとう!

また、少し話はズレますが、
短歌マーケットの裾野を広げる枡野浩一さんのこうした活動は、
短歌の世界から、もっともっと評価されるべきだと思います!

*

以上ものわかりの良いことを書いてきましたが、
本当に伝えたいメッセージは「ブログやめないで!」ってことです!

他にも、本当は「やめて欲しくない」と思っている人がいるなら、
すなおに「やめないで!」って声を上げてみたらどうでしょう。

言われる方は、そのほうが嬉しいと思う。

やめる理由すごくわかるよ でも俺はあなたと一緒に働きたいよ (長瀬大)

それでは!

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

【感想】短歌ウルフRが選ぶ「一生モノ」の名作短歌7作品!

こんにちは。それはどうかと思います。
管理人です。

枡野浩一のかんたん短歌blog」更新されましたね!
枡野浩一さんには、本ブログについてもかるーく言及していただきました。
まあ「偉そう」って言われたんですけどね……。

しかし!

本ブログはあくまでも、
自分の作品の出来は棚にあげて読者の立場から、好きな作品だけを取り上げて、作者様を応援する!
というスタンスで感想をつづけていきます!

あ、でも今回は、少し趣向を変えて、
以前ポストした
【感想】短歌ウルフRが選ぶ短歌オールタイムベスト3作品
で取り上げることができなかった、名作すぎる作品を紹介します。

■感想

みずいろのつばさのうらをみせていたむしりとられるとはおもわずに (正岡豊/『四月の魚』

ベスト3に入れようか最後まで迷った美しすぎる名作です……。
無邪気な少年/少女性が、現実世界に、あっさりと、冷酷に剥ぎ取られてしまう。
感傷ベッタリになりそうでそうなっていないのは、
「むしりとられる」という強烈な言葉の印象のためなんでしょうか。

幸せにならなきゃだめだ 誰一人残すことなく省くことなく (加藤千恵/『ハッピーアイスクリーム』

不特定多数に向けた、力強い応援ソングです!
「幸せになってもいい」ではなく、「あなたとわたし」でもなく、
「全員が幸せにならなきゃだめだ」と言い切れる、世界に対するスタンス。
妥協に慣れてしまった大人にこそ突き刺さる名作だと思います!

あの夏の数かぎりなきそしてまたたつた一つの表情をせよ (小野茂樹)

この作品はカッコ良すぎです……。
管理人は、この作品を読むと「青春」とか「喪失」を想起します。
どこにも具体的な描写はないのに何故でしょうか。
もう失くしてしまった、キラキラした何かを思い出させて、心をチクッと刺すような、そんな傑作ですね。

庭先でゆっくり死んでゆくシロがちょっと笑った夏休みです (佐々木あらら/『ショートソング』収録作品)

「シロ」は反則だろ……常識的に考えて……。泣ける。
かなしい情景なのに、あったかく、ハッピーな余韻を残すのは何故なんでしょうね。
短歌をまったく知らない人、文芸に興味がない人にも届く、そんな名作です!

ジャングルの夜にまぎれてドーナツとアイスクリームを食べている。風。 (早坂類/『風の吹く日にベランダにいる』

非現実的で、幻想的な内容なのに、
情景が目に浮かぶどころか、温度や空気や匂いまで感じられる気がします……。
これが「詩」の力なのでしょうか? ふしぎ!
管理人の興味関心とは真逆の作風なのですが、好きにならざるを得ない圧倒的な魅力です!

手についた犬の匂いをいつまでも嗅いで眠りたいそんな雨です (柳澤真実)

ベスト3でも取り上げた柳澤真実さん。今回も取り上げないわけにはいきませんでした。
犬好きでこの作品が理解できない人はいない! そう断言したい管理人です!
憂鬱で、なんだかとても悲しい気分の時、ベッドにもぐりこんで、
この作品を思い出せば、どうにかまた立ちあがれる気がする……。
そんなか弱くて、だからこそやさしく響く名作です。

だいじょうぶ 急ぐ旅ではないのだし 急いでないし 旅でもないし (宇都宮敦/『ショー トソング』収録作品

この作品をはじめて読んだのは、もう何年も前のことですが、
短歌から離れた時期であっても、それから、幾度となく、様々な局面で思い出す作品です!
現実の世界は、急がないといけないようなことばかりですが、
この作品を口ずさむことで、やさしく許されていくような、
のんびりとでいいから、あと一歩前に進もうと思えるような、そんな不思議な力を持った傑作ですね。

*

短歌の良いところは、31音しかないので、簡単に暗記できるところではないでしょうか?

一度覚えてしまえば、いつでもどこでも、作品を思い出すことができる。
いろいろな状況で、暗記した作品を思い出して、ちょっとなぐさめられたり、ちょっとハッピーになったり……。

そんな「ちょっと」を与えてくれる、名作の数々を、今後も紹介していきたいと思っています。
もっとも、管理人の知っている作品は数少ないので、オススメ作品があればぜひ教えてください!

それでは!

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

【感想】ツイッター(#kantantanka)に最近投稿された作品について

こんにちは。どうして元気なんですか?
管理人です。

今日4月21日にNHKで放映された「スタジオパークからこんにちは」は見ましたか?
劇団「大人計画」の松尾スズキさんが出演されていましたね!
管理人は録画して見ました。

事前にご本人がツイッターで出演告知をしていましたが、
それを読んだ時に「東京フレンドパーク」と勘違いして、
「あの松尾スズキさんが……? 走ってジャンプして壁に張りついて……!?」と
妄想して、阿部サダヲを吹いたのは管理人だけじゃないはず。

実際にはトーク番組なのでご注意くださいね!

さて、今回はツイッター(#kantantanka)に最近投稿された作品の感想を書きます!

気になる作品は他にもいくつかあるのですが、
「完成していないなー」と感じる作品は思いきって外しました。
そういう作品はツイッターのほうでつぶやこうと思っています。

ちなみに対象は2010年4月21日18時以前に投稿された作品です。

■感想

今朝方の夢の要点まとめると「君が好き」って事だと思う(久坂友紀)

きれいにまとまった作品ですねー。
恋の芽生えを自覚する……という普遍的なストーリーなんですが、表現のしかたが魅力的です!

「いつの間にそこにいたの」と訊かれたい 「最初からよ」とにっこりしたい(山口朔子)

前半部と後半部で踏んだ脚韻が作品を魅力的にしていますね!
下手すると「どんだけ存在感ないんだよ……」とダークサイドに堕ちそうな内容なんですが、
軽快なリズムも手伝って、明るく、からっとした印象になりました。

靴ずれが痛くて泣いてるんだから心配なんてしなくていいよ(真木さわこ)

真木さわこさん。心配して欲しがっているのが見え見えですよ?
でもそんなわかりやすさがキュートですね!
ただ、嘘の理由である「靴ずれ」も、充分に心配すべきことじゃないかと思う管理人です。

深々と頭を下げているあいだ靴の汚れをチェックしてます(薮本あや)

「靴ずれ」のせいにして泣いている真木さわこさんと対照的に、
「謝罪」にかこつけて「靴の汚れをチェック」している薮本あやさん。
とんだ「時短術歌人」ですね! カツマーか!
作品は、ふてぶてしくて、とてもいいです!

「おやすみ」と電話を切られたくなくて私から言う「おやすみなさい」 (もこドラ) ←記名なしにつき管理人がツイッター名を追記

完璧にまとまった作品ですね!
最初と最後が会話文で、構造がシンメトリーになっているのも憎い。

さっきまで私 あなたを傷付ける側に立ってるつもりでいたのに(薮本あや)

内容の鋭さがいいなーと思いました。
情景が目に浮かぶようです。
ケンカの時ってだいたいこんな感じですよね。

初対面は最悪だけど知り合えてほんと良かった(満面の笑み) (ショージサキ)

「(満面の笑み)」にやられました!
これは使い勝手が良さそうなフレーズだ。
もっといろんな作品が作れそうだなーと思います。

「ごめんね」と打ったつもりが「げめんね」に涙で画面がよく見えません (町上由樹子)

町上由樹子さんに、そういう意図があったかわかりませんが、すみません、吹きました……。
正直「げめんね」はどうでも良くて、そのあとの「涙で画面がよく見えません」という過剰な反応がおもしろいです。
「げめんねって打ち間違いを自覚してるってことは画面見えてるじゃん」という冷静なツッコミもありですね!

わたしより下の目線になるようにしゃがんで話す大好きな人 (ショージサキ)

こども目線? ペット目線? 相手チェ・ホンマン?
というふうに、ちょっと作品の主人公がつかみかねるんだけど、とてもかわいらしくまとまっています!
うずくまって泣いているのをなぐさめてるボーイフレンドかもなー。
そうだとしたら、もっとぐっときますね!

*

ツイッター投稿作品を見ていると、ブログ投稿作品に比べて、
勢いでがーっと作ったような作品が多いような気がします。

ツイッターの方がレスポンスを受けやすいと思うので、
意図的にそういう作品をどんどん発表していくのはアリだなー、と思う今日この頃です。

きれいに推敲するのは、時間が経ったあとでもできますからね。

それではまた!

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由題その11(改作)

あのさ(それ行けアンパンマン!)まだ君に伝えていないことがあるんだ (長瀬大)

※原作の表記とは異なるけど、あえてこっち。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由題その10

それはもう知ってるよって笑われる それでも毎日好きだって言う (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由題その9

大人でも夢を信じていいんだよ さよなら あした天気になあれ (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由題その8

こどもならみんな好きなの? 嫌なヤツもたくさんいるのに見えていないの? (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10年代のサマー・オブ・ラブ(連作14首)

197598004_7f6707440a_z
Some rights reserved by Pink Sherbet Photography


もし産んであげられたならそれらには子供の名前がつくはずでした


生きかえることができたらもう彼と敵味方にはしないで欲しい


浮くように創られたのは浮いてるがそれ以外のは沈んでいった


落下傘部隊 落下傘部隊 落下傘部隊 落下傘部隊


特別に嫌いな人がいないからどこかがおかしいのだとは思う


戦いは続くんだろう超高層ビルの廃墟が森になるまで


まあわりと絶望 雨は降ったって降らなくたってどっちでもいい


神さまが<害>と言う字をこっそりと<善>に変えてる途中の世界


ごめんなさい あなたサイドの正しさを誰もわかってあげられなくて


ていねいに洗濯物をたたみつつあの戦争のことを話した


あの曲はもうラジオではかからずに紅茶はぬるくなっていくだけ


なんであれ世界平和を祈るのはビデオを返してからになりそう


祈る手をといて愛する人と手を僕はつないでいたいと思う


戦争はつづいています 今日庭にようやくあさがおが咲きました


人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

雪が降る 10、9、8、7、6、5、4、

雪が降る 10、9、8、7、6、5、4、3、2、1、0、0、0、0・・・・・・ (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君あての手紙のよけいな修飾を

君あての手紙のよけいな修飾を消して残ったひとつの言葉 (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晴れやかな顔をするならはらいせに

晴れやかな顔をするならはらいせにわかめごはんを食べますけれど (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【感想】「枡野浩一のかんたん短歌blog」にトラックバックされている作品について

こんにちは。くっ、はやい!
管理人です。

今回は「枡野浩一のかんたん短歌blog」の
< 三月の中間発表 >トラックバックされている作品の感想を書きます!

まだ枡野浩一さんの選が行われていない作品ってことですね。

お気に入りの作品だけを取り上げるのはいつもの通りですが、
今回はちょっと突っ込んだ感想を書くことにします!

ちなみに4月18日までにトラックバックされた作品が対象です。

■感想

さっきまで見られてたけど慣例としておっぱいはかくしておこう(小川凜)

へー、女の子ってそんなこと考えるんだ。礼儀正しいな。
この作品は二通りのシチュエーションで読めるなー。
日常生活で非特定の誰かにちら見されたってシチュエーションと、
エッチしたあとの恋人に対してというシチュエーションと。
どっちもわるくないけど、後者って考えるのが普通なのかな。
いずれにせよキュートな内容です!

チェリー味リップスティック持ってるし女子力アップにぬかりはないぜ(小川凜)

お、やる気まんまんですね!
管理人は最近「狩女(かりーじょ)」という言葉を覚えました。
小川凜さんは「狩女歌人」なのか……?
違うか。どちらかというと真逆の「さわやか」な印象です。
「チェリー味リップスティック」(ほんとうにあるの?)という道具立てと、
「女子力」という単語と、語尾の「ぜ」がさわやかポイントですね!
これが「ラメラメの愛されグロス」で「モテ力」で語尾が「わ」だったら「狩女」になるところでした。
アイテムや語尾ってたいせつですね!

走るのは嫌いなんです 膨らんだ胸が 痛いし気持ち悪いし (笹木真優子)

既視感のある文体なんだけど、作品の内容に目を引かれました!
こどもから女性へと変化する肉体への違和感を歌っているんですよね。
男だったら「声変わり」とか「髭」とかにあたるのかな。
おっぱいってだけできゃっきゃと喜んでる非モテ男子は
こういう捉え方もあるってことを肝に銘じるべきですね!

どうせなら四月一日に解散し僕らに夢を持たせてほしい (伊藤夏人)

ゆらゆら帝国の解散ネタ?
今この時期でファン相手にしか伝わらないのでは……という不安もありますが、
今この時期でファンなのでしっかりと刺さりました!
ただ、リズムがわるいのが残念……。
もうちょっと改作できそうな気がしないでもありますまい。
ちなみに管理人は『冷たいギフト』が好きです。

とりかえしつかないんだと泣く方がはじめから無い事実よりいい(ワカコ)

確かに!
シンプルな真実をシンプルに表現しているところが好みです!
でも、前半に比べて、後半が固い表現なのがちょーっとだけ気になります。
前半と同じようなやわらかさで、同じことを表現できそうなので、そっちに舵を切るのもひとつの手かも。

交番で道を聞くのはつまらない 知らない場所に着いたっていい(鹿ケ谷街庵)

「知らない場所に着いたっていい」はステキなフレーズですね!
意味も明瞭だし、きっちり完成している作品だと思いました。
ただし、前半部はこれが唯一の正解ってわけではないかも……とも思っています。
でも好き。

わけもなく悲しくなってくるのってどこまで僕のせいなんだろう(鹿ケ谷街庵)

短歌をつくっている人って「わけもなく悲しくなる」人が多いので
「ありがちな作品になるのでは?」という不安を読む側に感じさせる出だしですが、
「どこまで僕のせいなんだろう」と、具体的な理由を、
内省の方向に持ってきたのがこの作品の勝因だと思います!
これもかなり好きな作品です!

パフュームが大スキそうな顔なのにしたり顔してショパンを聴くな(鹿ケ谷街庵)

すげー偏見だ……。
Perfume好きをdisってますね! いいぞ。もっとやれ。
これだけキッパリと断言するといっそ清々しいです。
ちなみに、管理人はPerfumeファンじゃないですが、Perfumeの音楽は結構良いと思います!

イチローやゴジラ松井やキムタクにまずちんちんで負けていそうだ (帯一鐘信)

確かにそうかも……。
数少ない「ちんちん短歌」ですが、着想がおもしろいです!
笑えるし、作品としても上手にまとまってると思います。
でも「キムタク」はともかく「イチロー」と「ゴジラ松井」は似たようなイメージなんだよなー。
3つの具体例にそれぞれ特色をもたせるか、
1つだけ超特殊な例にして、ギャップを出すと、もっとおもしろくなるかも。
管理人なら、「女性」を一人くらいいれます。和田アキ子とかどうですか?

痴漢よりきっとスケベな想像をしているけれど犯罪じゃない (帯一鐘信)

帯一鐘信さんはとんだ「下ネタ歌人」ですね!
うまくまとまっているし、なるほど感も高いし、良い作品だと思います。
ただ、作者の独白、という体の文体なので、作者の人間性を疑われそうです……。
突き放して客観的に書く、というのもひとつの手かも。
もっとも、そんな逃げを打たないで、あくまでも作者が引き受けるのが、
「下ネタ歌人」帯一鐘信さんの帯一鐘信さんたる所以かもしれませんね!

*

今回取り上げた作品を読んで思うのは、
「印象的なフレーズ」の重要さですね!

作品内容がありふれていても、
ステキなフレーズがあるだけで、短歌戦闘力は倍増するのかも。

「これは!」というフレーズが生まれたら、
それを活かすように表現する内容も変える、
というやり方も短歌の作りかたとしてアリかもしれません。

それではまた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

サンタ・ビリーバーズ(連作16首)

4256445327_649de20e74_z
Some rights reserved by L.C.Nottaasen


ご高説いたみいります ちんちんをかきむしってもよろしいですか


水でしかない水をのむ 嘘でしかない言い訳はのみこめないで


言い負かすことができても正しさはあんたのものじゃないと思った


ご意見も拝聴したしスパゲティーアラビアータをぶちまけますか


鋼鉄のカラダがじまん耳たぶはとくに固いぜかかってこいや


やんのかよ! みかんの皮を持ってこい! 汁を飛ばして目を攻撃だ!


簡単にくたばるもんか 死んだって死んだふりしてごまかしてやる


スカートはミニでも平気なの だけどなにかが出ちゃう男の子だもん


勝ったとか思ってんだろ でも俺は泣いているけど負けてはいない


裏切りはどうせ世の常よく冷えたビールがあればなんでもいいさ


はらいせに台無しにするみずたまり 負け犬だけが映るゆらゆら


後ろ手に組んで小石を蹴っ飛ばしかわいくふてくされろおっさん


歩いたり走り出したり止まったりあいつのことを思ってみたり


思い出し笑いをしそう て言うか 思い出せなくても笑えそう


走ってる ぐんぐん速度があがってく 顔がにやけているのがわかる


だますならだまされてやるざまあみろ 俺たちサンタ・ビリーバーズ


人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さようなら似たような日々あすからも

さようなら似たような日々あすからもどうぞよろしくお願いします (長瀬大)

※この作品は「付け句」作品です。上の句が管理人の創作です。
※この作品は以下の書籍に収録されています。

ど うぞよろしくお願いします (マーブルブックス言ノ葉絵本) (単行本) 編集:枡野浩一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海老蔵がやり直してもおそらくは

海老蔵がやり直してもおそらくはうまくいかない恋だったけど (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖炉・薪ストーブの短歌その4(改作=表記修正)

だんだんとぽかぽかしてきた たのしいね 暖炉で団らんしようよ らんらん (長瀬大)
http://metos.co.jp/products/kamin/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖炉・薪ストーブの短歌その4

だんだんとぽかぽかしてきた たのしいね 暖炉で団欒しようよ らんらん (長瀬大)
http://metos.co.jp/products/kamin/

↓改作しますた。(2010.4.19)
暖炉・薪ストーブの短歌その4(改作=表記修正)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【感想】短歌ウルフRが選ぶ短歌オールタイムベスト3作品

こんにちは。そっちかー。
管理人です。

今回は、管理人が死ぬほど好きでたまらない
宝物のような短歌トップ3の感想を書きます!

あ、ちなみに順不同です。

■感想

終バスにふたりは眠る紫の<降りますランプ>に取り囲まれて (穂村弘/『シンジケート』収録)

涙がでるくらい大好きな作品です……。
まず、目に浮かぶ情景がうつくしすぎる。

管理人は、運転手も乗客もいなくなった、
「どこでもない場所」に停まったバスの後部座席に
身を寄せあう恋人たちの姿をいつも想像します。

身も蓋もない言い方をすれば、
ふたりだけの世界に閉じこもって外部を拒絶している「妄想引きこもりソング」なんだけど、
そのことが、分かつことのできない「究極の親密さ」を表現しているように思います。

穂村弘さん、大好きです。

遠くから手を振ったんだ笑ったんだ 涙に色がなくてよかった (柳澤真実/『かんたん短歌の作り方』収録)

鼻水がでるくらい大好きな作品です……。
「涙に色がなくてよかった」というフレーズは管理人にとって史上最高の14音です!

とにかくその「やさしさ」に胸を撃ち抜かれる作品です。
短歌づくりの技術を極めた「短歌仙人」みたいなじじいがいたとして、
そのじじいが何千何万の短歌をつくったとしても、こんなにやさしい作品は生まれないと思う。

柳澤真実さんのパーソナリティ=まなざしがあってこそ、生まれることができた傑作だと思います!

柳沢真美さん、大好物です。

好きだった雨、雨だったあのころの日々、あのころの日々だった君 (枡野浩一/『ますの。』収録)

お汁がこぼれるくらい大好きな作品です……。
これしかない、という順序で文字が並んだ、完璧な作品ですね!

短歌と出会ったきっかけでもある枡野浩一さんの作品には、
どれも思い入れがあるのですが、その中でもこの作品がダントツに好きです。

歌われている内容も、もちろんステキなのですが、
声に出した時のリズムの素晴らしさを管理人は強く推したいところです!

散文のようにすーっと読んでもクールでかっこいい響きなのですが、
七五調で読むと「雨」「日々」というキーワードが強調されて、
「あのころの日々だった君」という最後のフレーズにおだやかに共鳴するんですよね……。
そのおだやかさや静けさが「雨」というモチーフにもよくあうんだまた。

枡野浩一さん、付きあってください。

*

以上、
こんな作品がひとつでもつくれたら、短歌づくりをやめてもいいかも……
というくらい大好きな作品たちでした。

もちろん他にも好きな作品はたくさんあるので、
また紹介したいと思います。

それではまた!

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツイッターはじめました!

こんにちは。そろそろ髪切ったら?
管理人です。

別記事でも書きましたがツイッターはじめました!
短歌ウルフR公式アカウント

実をいうと、
2009年の夏頃に世界一周旅行中のネパール(!)で別アカウントを取ってはいたのですが、
今回、短歌専用のアカウントを新たに取得したというわけです。

とはいえ本拠地はあくまでもブログです!

ブログを補完するツールとして、
相互フォローしている人とも一定の距離を保ちながら、
ゆるーくつぶやいていきますので、どうぞよろしくお願いしいます。

あ、ツイッター開始記念ということでツイッター短歌も2つほどつくりました!

寝言しかツイートしないあいつよりムックをフォローするべきですぞ (長瀬大)

こむずかしい理由がいるの? 好きだからあなたをフォローしはじめました (長瀬大)

いやはや、実に良い作品ですぞー。

2010年4月19日 ムック短歌ウルフR管理人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由題その7

こむずかしい理由がいるの? 好きだからあなたをフォローしはじめました (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由題その6

寝言しかツイートしないあいつよりムックをフォローするべきですぞ (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

似非外人ゴビ・ノバシノビッチ(連作3首)

330248239_07b67bc7b9_z
Some rights reserved by Randy Son Of Robert


なんとなく拾ったゴミをなんとなく元のところに捨ててみたーリ


カラメルはあまくてにがいコーヒーは渋くてあつくてとてもにがーい


のりたまをご飯にかける驚くね驚くほどに飯がうまーい


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痛みとは無縁な日々だそうですね

痛みとは無縁な日々だそうですね あなたが地獄に落ちますように (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ものすごく眠くなるからその曲は

ものすごく眠くなるからその曲は芸術作品なのだと思う (長瀬大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【感想】ツイッター「#kantantanka」に最近投稿された作品の感想

こんにちは。最近キレイになったね。
管理人です。

しかし、昨日4月17日(土)はめちゃくちゃ寒かったですね……。 ←関東地方
管理人もふるえながらフットサルをしました。

先日の記事 「星野しずる」が突きつける短歌の未来 はおかげさまで大好評です!
佐々木あららさんもツイッターでつぶやいてくださったようですね。
(正確にはツイッターからの「はてなブックマーク」?)

未読の方はぜひどうぞ。

「星野しずる」については、他にもいろいろ語りたいことがあるので、
そのうち記事にまとめると思います。

で、そのツイッターですよ。

どうも時代はツイッターらしいですね、あーん?
かんたん短歌も、「枡野浩一のかんたん短歌blog」へのトラックバックより、
ツイッターの「#kantantanka」というハッシュタグへの投稿のほうが活況みたいだし……。

すっかり時代に取り残されている管理人だは思わんかね、んー?

と言うことで、今回は#kantantankaに投稿された作品の中から、
お気に入りの作品の感想を書くことにします!

取り上げる作品は2010年4月18日12時から3日以内に投稿された作品です。

■感想

また口をとがらせるきみ そのまんま口笛吹いてみたらどうかな(黒井いづみ)

傑作だと思います!
まなざしのやさしさが光る作品ですね。
同じ発想の作品は結構ありそうだなー、と思わないでもないですが、
結晶度が高く、非の打ちどころなし!
記憶に刻み込ませていただきます……。

おひきとりください みっつ数えてるうちにキライにならないうちに(真木さわこ)

キッパリとした拒絶、にも思えますが、
「キライにならないうちに」ってことはまだ「スキ」ってことですね。
女ごころは複雑です……。

現象としてのハルキを買いにゆく やれやれたくさん字が書いてある(本多響乃)

「やれやれたくさん字が書いてある」にやられました!
このフレーズはすごいと思う。
「やれやれ」は村上春樹作品の頻出ワードですね。芸が細かい。

かたくなに嘘をつかない人が居て 私の嘘の助けがいるの(吉江 さく)

なるほど。鋭い着想だなー。
誰かが手を汚してくれるから、キレイ事を言える世界にいるんだってことを再認識しました。

きまぐれな友達みたく約束もしてないくせにまた会うつもり(is)

これはisさんの「48の恋愛テクニック」のひとつ「KAKEHIKI」のことなんでしょうか?
それともストーキング……?
でも片思い中なんて、みんなストーカーみたいなもんですよね!
だからisさんもそんなこと気にすんな!

別れ際泣かれちゃうのは辛いけど 泣かれないのもやっぱり辛い(齋藤小鳥)

斎藤小鳥さんはわがままだなー!
でもみんなそうだよな。
そんな本音を率直に歌っているところに好感を持ちました!

全力で生きてるかって言われても分かりませんよまだ四月だし(山根尚子)

山根尚子さんはとんだ喧嘩番長ですね……。
こういう喧嘩腰の作風は正直大好物です。
「四月」というお題の処理の仕方も巧みだと思いました。
ただ、スタートの四月の時点でさえ全力で生きてなければ、一年ダメな気がします……。

シナリオを自分で書けば幸せの前は涙で盛り上げるでしょ (青木健一)

これって泣いている人へのなぐさめのことばなのかな?
物は言いようですね! とんだ気休めだ!
でも、あたたかな、良い気休めだと思う。

同じくらいやなこと四つ揃ったらぷよぷよみたいに消えればいいのに(薮本あや)

「ぷよぷよみたいに消えればいいのに」という比喩がグッド!
そんないやなことがたくさんあるのか……。
まあぷよぷよでもプレイして元気だせよ!

方言が羨ましいという人は何かを自慢したい人です(薮本あや)

いや、そんなことはないと思うけど……。
でも丁寧語の断定に妙な説得力があって、ついそんな気になりそうです。

「そうだね」としか答えようのないことをたずねて安堵するのはやめて(薮本あや)

なんか恋愛末期の会話みたいだな……。
これ言われたら心に刺さりそうです……。

寝癖とか直さないので君達の髪は自然とカッコイイのだ (ショージサキ)

冴えない中学生男子にぜひ聞かせてあげたい作品です!
「あるがまま」を全力で肯定するやさしい歌ですねー。
まあ実物の中学生男子がカッコイイかどうかはあやしいところですが……。

*

初のツイッター投稿作品への感想ということで、ちょっと多めに感想をつけてみました。
ツイッターの良いところって、気軽に感想をつけられたり、
リツイートで「支持の表明」をできるところにあると思うんですが、
そこら辺は活発に行われているんでしょうか?

その辺の謎を解明するために、管理人も短歌ウルフRの公式アカウントを取得しました!
お気軽にフォローしてください。

べ、べつに時代に取り残されると思ってアカウントを取得したわけじゃないんだからね!

ちなみに2010年4月18日13時現在なにもつぶやいていません。
目指せ10フォロワー!
まずはお気に入りの作者をがんがんフォローしようと思います。

恋愛もツイッターもまずは片想いから……。
管理人の「48の恋愛テクニック」のひとつ「KOKUHAKU」を仕掛けられた方は お 察 し 下 さ い 。

それではまた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月11日 - 2010年4月17日 | トップページ | 2010年4月25日 - 2010年5月1日 »