« 2010年12月19日 - 2010年12月25日 | トップページ | 2011年1月2日 - 2011年1月8日 »

2010年12月26日 - 2011年1月1日の1件の記事

2010年12月26日 (日)

【短考】ひとり歌会のすすめ

3594171841_62a5cecb75_z
"Some rights reserved by JB London"

メリークリスマス。管理人です。
みなさんは何歳までサンタクロースを信じていましたか?

こういうことを聞くと、
「なに言ってんだ! サンタはいるに決まっているだろ!」
なんて大げさに力説する面倒くさい人が必ずひとりはいるものですが、
それも含めてクリスマスってステキですよねー。

これは管理人の父親(昭和20年代うまれ)の話ですが、
クリスマスに靴下(ふつうの靴下)を枕元に置いていたところ、
翌朝おまんじゅうが入っていたそうです。

ステキですよねー。

さて、そんなステキなクリスマスを恋人なしで過ごした管理人ですが、
なんかあれですか、
「クリスマスは恋人と過ごさないといけない」みたいな法律でもあんの? ああん?

まあそんな逆ギレはどうでもいいんです。
今回は「ひとり歌会」のすすめです。

過去の傑作エントリー(自分で言うな)

【短考】自分の短歌が思うように評価されないのはなぜか?

でも書きましたが、他人から批評をもらうことは重要です。

それは、

孤独に作品を作りつづけるだけでは成長にも限界がある

からです。

翻って短歌の世界では「歌会」が相互批評の機能を提供しています。

ただし、特に初心者のうちは、
批評することにも批評されることにも心理的抵抗があるのではないでしょうか?

そこでおすすめするのが「ひとり歌会」です!

要するに、

作者=自分、批評=自分、司会進行=もちろん自分

という自分まみれの歌会なのですが、
どれだけ厳しい意見も自分の意見だし、
素直に受け止められることが最大のメリットです。

詳細は過去に開催した管理人の「ひとり歌会」(このときは「感想会」)をご覧ください。

長瀬大の「ひとり題詠マラソン感想会」

このようにメリットがいっぱいの「ひとり歌会」ですが、
唯一のデメリットは「おそろしく虚しくなる」ってことですね・・・・・・。

まあ「孤独が作品を育てる」ってことでそこはひとつ。
「孤独なクリスマスが愛を育む」のと同じように。(てきとう)

メリークリスマス。
なんであれみんなが笑顔でいられますように。



人気ブログランキングへ←管理人の「やる気スイッチ」ですよ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月19日 - 2010年12月25日 | トップページ | 2011年1月2日 - 2011年1月8日 »