« 2011年4月17日 - 2011年4月23日 | トップページ | 2011年6月26日 - 2011年7月2日 »

2011年4月24日 - 2011年4月30日の2件の記事

2011年4月29日 (金)

【その他】小名浜港の女

※写真は後日追加します

こんにちはです。

今日からゴールデンウィークですね!
10連休なんていう人もめずらしくないとか。

そしてこの長期連休を利用して
東日本大震災の被災地にボランティアをしに行く人もいるそうです。

なんか観光気分で大挙押しかけて、
受け入れ側もありがた迷惑だとかなんとか。

まったく、ろくでもないですよねー
そんな大人にはなりたくないものですなー。┐(´д`)┌ヤレヤレ

そんなわけで今日僕は福島のいわき市にボランティアに行ってきました!(おい)

もう「偽善者」でもなんでも好きに罵倒してください。
「カジュアル偽善」とか「ファッションボランティア」でもよかろう。

実際に動機なんて別にたいそうなもんじゃないですし。
強いて言うとまあ・・・・・・そこに愛があるからかな・・・・・・。ううん

ほんとうは南相馬市に行きたかったのですが、
諸般の事情で急遽いわき市(小名浜港のあたり)に行くことにしました。

簡単にレポートをまとめますので、興味がある方は参考にしてください。


■ゴールデンウィークのボランティア受入情報

全般的に供給過剰のようです。
ただし地域差あり。

付け加えると、人手は足りないものの、
受け入れ側のキャパシティをオーバーしているために受け入れられないという状況。

また受入状況は日に日に変わっています。
必ず前日に災害ボランティアセンターに状況を確認してください。

南相馬市など、TV報道が少なかったり、
原発に近いところは、今でも十分なボランティアが確保できていないようです。


■ボランティアは本当に役に立つのか

立ちます。1日でも半日でも1時間でも役に立つことができます。

というのも今一番ニーズが高いのが、被災家屋のガレキ撤去などで、
これは単純にマンパワーが要求される仕事だからです。


■被災地の状況は?

場所によって様々ですが、震災から一ヶ月以上が経過していて、
物資が届かないというところはほとんどなさそうです。

現在でも原則は、
「食料・水・宿泊場所は自分で用意。現地に迷惑はかけない」
というものですが、場所によってはお金を落としたほうが復興に役立つ地域もあります。


■いわき市の被災状況

沿岸部が広く津波で被災しましたが、
沿岸から1-2kmの比較的狭い範囲に被害が集中しているのが特徴です。

実際ボランティアセンターがある辺りは、
地震の影響がまったく感じられず、日常そのもので、
「ボランティアする仕事があるんだろうか・・・・・・」と不安に思ったほどです。

したがって同じいわき市民でも、そのエリアに入っているかどうかで、
震災/復興に対する意識に大きな乖離があり、そこが長期的に問題になりそうです。

なお被災の原因はほとんどが津波であり、
揺れで倒壊した建物はほとんど見当たりませんでした。

津波にしても、家屋が流されて集落が跡形もなくなった、という感じでは全くありません。

1階の天井近くまで土砂混じりの海水が押し寄せて、
家財道具や商売道具が使えなくなり、住居を放棄、という状態のようでした。


■なにをやったの?

魚料理を経営していたお店でガレキの撤去作業を行いました。
みんなスコップや土嚢袋を手にして、最終的には10人以上で手分けして作業する感じ。

依頼内容の大枠は事前に決まっているようですが、
家主さんからニーズを聞き取りながら詳細を詰めていく、
自発的にニーズを汲み取って行動する、というのが基本的なスタイルのようです。

休憩中には家主のおばあちゃんから地震当日のおはなしを聞いたりしました。


■感想

自分のやったことが、すぐに目に見える結果になって表れたり、
相手から感謝されるのはきもちいいなーと単純に思いました。

ゴールデンウィーク中は人手に困ることはなさそうですが、
その期間ですべての仕事が片付くわけでもなく、復興にはながーい時間がかかります。

2回目に行くとしたら、みんなの関心が薄れて、人手が足りなくなった頃に行きたいと思います。


■最後に交通状況

今回当日の深夜から早朝にかけて車で出発し、現地には10時半ごろに到着しました。
ゴールデンウィーク初日ということもあって道路はそれなりに混雑します。

時間が読めない上に、早起きによる寝不足と肉体労働の疲労があいまって、
車での移動は事故の危険が高い
です。

何人か交代で仮眠を取れる状況でなければ、
仮眠が取れるように、時間に十分な余裕をもっていくか、
電車など他の交通機関を利用することをおすすめします!

それではまたー。

人気ブログランキングへ←管理人の「ボランティア保険(天災タイプB)」ですよ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

【感想】最近Twitterに投稿された短歌の感想(2011.4.24)

5535638066_e22a345211_z
"Some rights reserved by cookbookman17"

こんにちは。
ふふふ。おまめです。

おまえら花粉症?(ため口)
管理人は花粉症です・・・・・・。(からの敬語)

でも昨日、今日と症状が楽です!
今日なんてマスクなしで過ごしたのに鼻水なし!

花粉の飛散も落ちついてきたのかもしれませんね。

そんな時候のあいさつもそこそこに、
さっそくTwitterに投稿された作品の感想を書かせてください!


■感想

※筆名がついていなかったものはTwitterアカウント名を管理人が追記しています。
 →今回はみんな筆名がついていました。えらいぞおまえたち!



パーフェクト過ぎる青空 ねえ わたし 誰に弱音を吐いたらいいの?(真木さわこ)

せっかく晴れわたったのに空もいい迷惑ですね!
僕が空なら雲をつかって「知らんがな」と描くところです。

「現実は落ち込んだからといって雨が降ったりしないよねー」というリアリズムもあるし、
青空の存在が、作風が暗くなりすぎるのを緩和しているという点でも成功していると思いました!


無意識に毒を吐いてる 明日からも元気に生きてきみをなじるね(六条くるる)

まったくひどい男だな六条くるるさんは!
こういう奴が結構長生きするのかもなあ。相手もかわいそうに。

でも意外と「そんなひどいくるる萌え」みたいな女子っているのかもな。
だとしたら何も言うまい。


そしてまた阪神ファンのふりをしてウイークデイを乗り切るつもり(鹿ケ谷街庵)

サラリーマンの悲哀を感じる切ない作品ですね・・・・・・。

でもこれを言っているのが「阪神球団の社長」とか
「阪神の監督」とか「阪神の応援団長」だったらいやだなあ。


顔がいい奴らは少し傷つけて平気だろうと思ってごめん(黒川未々)

え? 違うの?

最終的に謝っている黒川未々さんはやさしいけど、
ちょっとくらい傷つけないと不公平だと思うんだよねー。

まあ謝っている黒川未々さんも実はそういう風に思っていてこっそり舌を出してそうだけど。
そんなふてぶてしい主人公像がいいね!


あしたからただしくたたかいぬくために黙って頬の内側を噛む  (笹木真優子)

内省的な姿にぐっときました!
前半の意味はちょっとあいまいかなーと思うけど、「黙って頬の内側を噛む」がかっこいい!
とりあえず主人公はふんどし履いてそう

笹木真優子さんは、とんだふんどし歌人ですね!


*

さて今回の作品はいかがだったでしょうか?
すばらしい作品ばかりでしたね!

さて「短歌ウルフR」では引きつづきすばらしい作品と
「フルカワミキとの婚約方法」を募集しています。

それではまた次の花粉シーズンに!


人気ブログランキングへ←管理人との「幸せ片道切符(当日限り)」ですよ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年4月17日 - 2011年4月23日 | トップページ | 2011年6月26日 - 2011年7月2日 »