« 2011年9月11日 - 2011年9月17日 | トップページ | 2011年10月30日 - 2011年11月5日 »

2011年9月18日 - 2011年9月24日の3件の記事

2011年9月24日 (土)

【短考】「ネット短歌3.0(笑)」が「ネット短歌3.0」になる日

こんにちはでした。こんばんはです。
僕です。


ちょっと前にTwitterのタイムラインで「ケータイ短歌」が話題になりました。
その話題はtogetterにまとめられています。


ケータイ短歌はどこへゆく?
http://togetter.com/li/188764


正直なところ最初は「またか」と思いました。

こういうのってネット短歌の時代から繰り返されている議論で、
「もうなんかそういうのやめようよ」というのが僕の基本的なスタンスだからです。


おなじ短歌なんだから仲良くしようぜー。そして磯野、野球しようぜー。


みたいな。


それより戦うべきはマーケットだろう?

って思うし。


ツールの違いでそんなに表現方法って変わらないだろう。

という根本的な疑問もある。


結論的にいうと「考える価値があるかも」と思いなおしたわけですが、
それは「つながる」というキーワードの存在に他なりません。


正直元々の話題をちゃんと理解しているわけでもないですし、
これから書くことも基本的には関係がないのですが、
考えるきっかけになったという意味で紹介させてもらいました。


なにはともあれ議論が起きるのはいいことだよね。


*


以前こんな記事を書きました。


【短考】本多響乃さんの試み「パトラッシュで短歌を詠むよ」で見えたネット短歌の最新モード
http://nagase-m.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-6d72.html


そのなかで冗談半分に「ネット短歌3.0」という言葉を使いました。
定義を以下に引用します、

3. Twitterなどのソーシャルアプリを利用したコミュニケーション中心の時代

「コンテンツからコミュニケーションへ」というのが、
現在のメディアの大きな潮流ですが、
それを実現しやすい技術の利用に伴ってネット短歌もその方向に進んでいくのかもしれません。

掲示板の時代を「ネット短歌1.0」
ブログの時代を「ネット短歌2.0」とすれば、
Twitterをはじめとするソーシャルアプリの時代は「ネット短歌3.0」といえるでしょう。

まあなんというか全部冗談ですが。

最後のオチが示しているように、基本的には
単なる新しいツールの出現を本質的な変化と考えたがる人をおちょくっているんですけど、
コミュニケーション自体を目的とする表現はあり得るのかも、と最近思い直しています。


*


そして、そのような目的があり得るとするならば、表現方法は当然変わるだろうし、
それはテクノロジーの変化があって、はじめてリアリティを持ちえたのだ
と言えるかもしれません。


*


あまり考えはまとまっていないし、
ほんとうにコミュニケーションを目的とする表現が成立するのか
ということについても半信半疑ですが、とりあえず今回はここまで。


次回は、
コミュニケーションを目的とする世界では表現がどう変わっていくのか
について考えてみようと思います。



人気ブログランキングへ←クリック3.0(真顔)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センス・オブ・ワンダー

こんにちは。僕でした。

前回の記事は、いきなりブックレビューということで、
4冊の本を紹介しました。

鋭いお方はお気づきになられたでございましょうし、
鈍い奴らは気づかなかっただろうが、
すべて自然科学系か実用書の類で小説やエッセイは1冊もありません。

これは偶然ではありません。
何故なら文科系サイトを標榜しながら小説の類はほとんど読まないからでR!(どーん)

もちろんまったく読まないわけではないんですが、
その読書量はとても限られたものです。

小説は1年で5冊読めばいい方で、
ここ数年の平均は3冊/年くらいだと思います。

中学生くらいまではもう少し読んでいたんですけど。

ただ僕は思うんですけど、
文科系で表現を志す人たちは、
同じジャンルの本を読むよりは違うジャンル、
それも自然科学とか実用書を読んだほうが実りが多い気がします。

なんだろう。

応用された加工物より素材そのものに触れたほうが発想が広がるみたいな?
創作お寿司をつくるのに、お寿司を食べるよりカジキを一本釣りしたほうが松方弘樹的な?

わかんないけど。

あるいはニコラス・タレブのこんな言葉がヒントになるのかも。

芸術は驚くべき方法で驚くべき結果を出す。
自然科学は退屈な方法で驚くべき結果を出す。

自然科学や実学にもワンダーはある。

それを知らないでいるのはもったいないことだし、
表現に取り入れない手はないと僕は思う。

この秋は一冊だけ小説を読むのをやめて、
かわりにそういう本を読んでみてはいかがでしょうか。


人気ブログランキングへ←ワンダーの秋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【いきなりブックレビュー】僕はこんな本を読む女の子を好きになってきた

こんにちは。秋ですね。
今日の東京は秋晴れの気持ちのいい一日でした。

食欲の秋とか芸術の秋とか、
煮え切らない態度で人をいらいらさせることに定評のある秋は読書の秋でもあります。

ということで大き目の本屋に行って本を立ち読みしてきました。
しかし世の中にはいろいろな本があるもんですね。

麻酔の達人-実践麻酔手技免許皆伝-

著者:中田善規

麻酔の達人-実践麻酔手技免許皆伝-

これなんかどう見ても表紙の医者がマッドサイエンティストです。
本当にありがとうございました。

カラーで見やすいんですけど各セクションで挿入される名言もちょっとヤバイ感じです。
だいじょうぶか。麻酔医。

ちなみに定価10,000円。

お高いですが医大生との合コンの指定テキストなので、
長期投資と思って購入してくださいね?

マンガでわかるコンクリート

著者:石田 哲也

「コンクリートのことが気になるけど専門書はちょっと・・・」

とか

「小学生の息子にコンクリートのことをわかってもらいたいのですが・・・」

というよくある悩みに応える一冊がこちら。

コレを読めばセメントとコンクリートの違いがわかるようになりますよ?

イモムシハンドブック

著者:安田 守

イモムシハンドブック

オールカラーが嬉しいイモムシ好き必携の一冊がこちら。
しかし世界には変な形をした生き物がいるもんですね・・・・・・。

立ち読みしながら思ったんですけど、
こういう本を読みながらにやにやしている女の子がいたら恋に落ちる気がする。

「理系の変なもの好き女子萌え」というマーケットは確実にありますよお客さん!

ナショナル・ジオグラフィックの絶滅危惧種写真集 (P-Vine Books)

著者:ジョエル・サートレイ

ナショナル・ジオグラフィックの絶滅危惧種写真集 (P-Vine Books)

そして今日一番のおすすめがこの写真集。
衝動買いしてしまいました・・・・・・。

すべての写真は白か黒一色の背景で撮影されていて、どれもがとにかく美しい!

個人的にはクロアシイタチのキュートさにキュン死にしました・・・・・・。
クロアシイタチたんはあはあ。

ということで特にオチもないですが以上!
いつもオチがあると思ったら大まちがいだからな!(逆ギレ)

それではまた。


人気ブログランキングへ←クリックの秋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月11日 - 2011年9月17日 | トップページ | 2011年10月30日 - 2011年11月5日 »