« おんじ(連作3首) | トップページ | Sunny(連作6首) »

2012年3月30日 (金)

【短考】「ポテンシャル×完成度」の2軸で作品の推敲方針を決める

今回のテーマは「推敲」

時々「推敲が必要なのか?」という意見を聞くことがあります。
「そりゃそうだろ!」って感じですが、悩ましいポイントがあるのも事実。

ということで今回は、
推敲についての大雑把な指針を与えることを目的として記事を書きました。


■推敲は必要なのか

結論として「推敲はしないよりした方が絶対にいい」です。

そもそも推敲は「作品を良くするために行う修正」なので、
「作品を良くしたい」のであれば議論の余地はないですよね。

結果として作品が良くならないこともありますが、
その場合はその中でベストなものを残せばいいだけの話です。

ただし、(1)どれを推敲するか(2)どこまで推敲するか、については注意が必要です。

またこの点が初心者が失敗を犯しがちなポイントだと思っています。

そこでこの記事では「ポテンシャル×完成度」の2軸で整理した
「推敲戦略マトリクス」という大げさな名前のツールを用いてこの点を説明します。


■推敲戦略マトリクスとは

横軸に「ポテンシャル」、縦軸に「完成度」をとった2×2のマトリクスです。
各象限ごとに推敲の基本的な戦略・指針を示しています

Suikou_strategy

【軸の説明】
ポテンシャル:良い作品になりそうかどうか
完成度:作品の完成度合い、推敲の余地がどれだけあるか



■どれを推敲するか

まず理解する必要があるのは、
「どれだけ磨いても石ころはダイヤモンドにならない」という事実です。
また、推敲の余地がないものも推敲する意味がありません

従って、推敲する対象は、
磨けばダイヤモンドになる第4象限の「ダイヤの原石」ということになります。
「ダイヤの原石」は合格水準に達するまで推敲をつづけることが基本方針です。

第3象限の「石ころ」思いきって捨てましょう
その労力を「ダイヤの原石」を磨くこと、
ないし新たなダイヤの原石を発掘すること費やすべきです。

第1象限の「磨かれた石」はそのまま発表してもOKです。
ただし、所詮は石なので大した価値(=評価)は望めません。※

※もっとも価値観は人それぞれなので自分にとっては石ころでも他の人には宝石だということもあり得る

それよりは磨き上げた作品のなかの
何かしら光る部分(フレーズや発想)を次の作品に転用するのがオススメ。

また「磨かれた石」で注意するべきなのは、
「一見キレイにまとまっているだけに、そのつまらなさに無自覚になりやすい」
ということです。

よく見る光景だけに、これは強調しておきたいですね。

第2象限の「ダイヤモンド」は完成作品なので推敲は不要です。
推敲の次のステップとして、効果的な発表方法などを考えることになります。


■どこまで推敲するか

「合格水準に達していると確信できるまで」が判断基準。
ちょっとでも迷いや違和感があるなら推敲を続けるべきです。
「費やした時間や労力」は判断基準になりません。

この考えからすると、
安定的に良い作品を発表している人は、
合格水準が高く、合格水準の判定が厳しく、合格水準の判定が適切な人だと言えます。

逆に発表作品の出来にバラツキがある人は、
合格水準が低い、ないし、曖昧で、合格水準の判定も甘く、合格水準の判定精度も低い人ですね。

そうは言っても、
「鑑賞眼」「自作を客観視する能力」が要求されてくる話であり、
やれと言われてやれることではないです。

また、どうやって鍛えればいいのかという問題もありますが、
まずはこういったマインドセットを持つことが重要だと思います。

マインドセットを持つだけなら誰でもすぐできますからね。


■推敲前にポテンシャルの高い作品を見極めることをできるのか?

これまでの説明を読んでいると、
当然このような疑問が生まれると思います。

結論をいうと、ケースバイケースですね。
推敲してみないとわからないこともあります。

要するに「ダイヤモンドの原石」を磨いているつもりが
実は「石ころ」で、結果的に「磨かれた石」ができたというケースですね。

Route_to_failure

不幸なケースではありますが、
その場合は先に説明した「磨かれた石」の推敲方針で作品を取り扱えばOKです。

もっとも、推敲しないとわからないケースは稀で、
だいたいの場合は、推敲前に見極められるというのが個人的な意見です。

この意見について、経験者には感覚的に同意してもらえると思いますが、
それを判断可能にしているメカニズムについては今のところノーアイデア。

今後考えてみたいテーマです。


■この記事で扱っていない重要なこと

以下についてはこの記事で扱っていません。

1.そもそも良い短歌とは?
2.推敲の具体的な方法は?
3.ダイヤの原石を発掘する方法は?
4.鑑賞眼を鍛える方法は?

これらはいずれも推敲するためには重要なことです。
いずれ別記事で考えを述べてみます。


■まとめ

最後に今回の記事を簡単にまとめておきます。

1.作品を良くしたいなら推敲すべき
2.なんでもかんでも推敲すればいいわけではない
3.何をどこまで推敲するかは「ポテンシャル×完成度」で整理すると良い
4.「推敲戦略マトリクス」を使って推敲の基本方針を考える「たたき台」にする
5.作品の質を高位安定させるには「鑑賞眼」と「合格水準についてのマインドセット」が不可欠
6.鑑賞眼はともかくマインドセットはすぐ持てるのでまずは意識改革からはじめよう

この記事が傑作短歌を生み出す一助になれば嬉しいです。



人気ブログランキングへ

|

« おんじ(連作3首) | トップページ | Sunny(連作6首) »

短歌のことを考えました」カテゴリの記事

コメント

ポテンシャルとか完成度について、あまり意識的に考えたことがなかったので、面白いと思いました。推敲は、より良い作品にするために行うものであるのはもちろんなのですが。ただ単にいろいろなパターンを考えるのが楽しいから、という理由で行っている気もします。私の場合はですが。誰かの作品を鑑賞するときも、そんな感じです。

投稿: 実山咲千花 | 2012年3月30日 (金) 23時13分

実山咲千花さん

コメント感謝です。

「ただ単にいろいろなパターンを考えるのが楽しいから、という理由で行っている気もします。」
というのはおもしろいですね。

「完成度」については誰でも意識すると思うんですけど、
「そもそもそれが完成させるだけの可能性があるのか」という視点を持っている人は少なそうだったので、
こういう考え方を紹介しました。

まあ僕も普段ここまで明確に意識しているわけではないですけども。

投稿: 長瀬大 | 2012年3月30日 (金) 23時17分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【短考】「ポテンシャル×完成度」の2軸で作品の推敲方針を決める:

« おんじ(連作3首) | トップページ | Sunny(連作6首) »