« 【短考】「うたらばの集い」イベントレポート | トップページ | 「うたらば総集編Ⅰ」掲載作品の感想 »

2012年3月25日 (日)

【短考】「うたらばの集い」イベントレポート(つづき)

先ほどは唐突に記事を終わらせてすみませんでした。
考えが足りませんでした。

言いわけは見苦しいのであれこれ書きたくはないのですが、
まあなんというか途中で飽きたんですなあ・・・・・・。

というわけでつづきです。



■ミニコンテストのなかで好きな作品

前の記事では、
好きな作品について書く直前で終わったんですけど、
現在投票を受付中らしいので作品紹介は保留しておきます。

コンテストの結果発表が終わり、
記名つきで感想を書けるようになったら別記事で紹介します。



■「うたらば総集編Ⅰ」の感想

イベントでは、
これまで5回刊行されたフリーペーパーのうち
最初の3冊(vol.00~vol.02)に掲載された作品を
再編集して一冊にまとめた「フリーじゃないブック」である
「うたらば総集編Ⅰ」が販売されていました。

約80Pオールフルカラーという豪華本!

本のサイズは、正式な表現の仕方がよくわからないので
短歌サイトらしく比喩でお届けすると、

朝起きてiPhoneで時刻を確かめようとしてこの本を手に取ったら、
「なんか今朝のiPhoneでかくね? 朝勃ち?」という違和感を覚えるくらいの大きさ

です。

これも発行者である田中ましろさんの先行投資なので、
売れないと田中家危機一髪なんだと思います。

応援しないわけにはいかないですね!

いやでも、まじめな話、
文学フリマに出されている短歌本の多くより遥かにクオリティが高いですし(私見)、
今後いろいろなチャネルで販売展開をするらしいので、
興味がある方はぜひお買い求めを。

ちなみにお値段ですが、現地販売では500円でした。
(今後の販売価格は不明です)

個々の短歌作品についても、ぐっときた作品がいくつもあります。
それらについては別記事で感想を書きますね。



■その他の感想

その他の感想を箇条書きで。

  1. フリーペーパーの刊行、イベントの開催、そして本の販売という一連のアクションを起こしているということ自体がすばらしい
  2. 短歌みたいな小さいうえにクローズドな世界でこういうアクションを起こしている人は貴重だし、今後も応援していきたいです。
  3. こういう試みがもっと増えれば、いろいろ変わっていきそうだ。
  4. 今回のイベントに集まった人たちは、現代口語短歌で、歌暦も浅く、若い人たちが多かったんだけど、その中でも「××系短歌」みたいなカテゴライズで更に世界を狭くしている感じも一部あって、なんかもったいないなあとも思った。
  5. そういう状況だからこそ、こういうイベントだったり、本多響乃さん(@mymhnd)の存在がとてもありがたいです。狭い世界同士をブリッジするきっかけを与えてくれているので。
  6. 名刺は大事。つくろう。

とまあ最後は取りとめのない感じになりましたが、
ひさしぶりに短歌について色々と考えるきっかけにもなったし、
イベントに参加して良かったです。


イベントの主催・手伝いをされたみなさん、
どうもありがとうございました!

人気ブログランキングへ

|

« 【短考】「うたらばの集い」イベントレポート | トップページ | 「うたらば総集編Ⅰ」掲載作品の感想 »

短歌のことを考えました」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1356472/44633213

この記事へのトラックバック一覧です: 【短考】「うたらばの集い」イベントレポート(つづき):

« 【短考】「うたらばの集い」イベントレポート | トップページ | 「うたらば総集編Ⅰ」掲載作品の感想 »